完全無敵なヴェルファイアにも苦手分野が!? セレナは運転支援が魅力すぎ! 国産ミニバン9台の長所と短所

完全無敵なヴェルファイアにも苦手分野が!? セレナは運転支援が魅力すぎ! 国産ミニバン9台の長所と短所

 SUV人気が凄いけど、ミニバン人気も凄い。話題独占中のアルファード/ヴェルファイアだけでなく、20年以上も熾烈な販売合戦を展開中の2Lクラスミニバンも元気ビンビン!! 賢い買い方についてレクチャーするゾ!

※本稿は2023年10月のものです
文/片岡英明、渡辺陽一郎、斎藤聡、松田秀士、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

■トヨタ アルファード(540万~872万円)

トヨタ アルファード
トヨタ アルファード

●こんなクルマ

 2023年6月にFMC。キープコンセプトの正常進化で魅力倍増。デビュー直後から注文が殺到し9月末現在は受注停止中。

●いいところ

 ボトムの自然吸気エンジン搭載車でも動力性能に不満はないし、ハイブリッド車はモーターの後押しが強く、軽快な加速を見せつける。しかもクルージング時は静かだ。素直なハンドリングで扱いやすいのも魅力に挙げられる。

 特に4WDのE-Fourは落ち着いた挙動の持ち主で、コントロールできる領域が広い。広くて快適なキャビンもマル。

・ボディサイズ:全長4995×全幅1850×全高1935mm
・車両重量:2160kg
・パワーユニット:2.5L、直4(190ps/24.1kgm)+モーター(182ps)
・燃費:17.7km/L(ハイブリッドZ・FF)

●悪いところ

 乗り心地を最優先していることもあり、FFのアルファードはロールを強めに感じるなど、姿勢変化が大きいと感じる。バランス感覚は今一歩。また、路面によってはタイヤからのノイズが耳障り。

 8速ATは効率のいい変速を行うが、状況によっては変速ショックが気になることもある。シートなどの高級感もヴェルファイアに一歩及ばない。

(TEXT/片岡英明)

●賢い買い方

 2列目シートを中心に車内が豪華なエグゼクティブラウンジもあるが、価格は800万円を大幅に超える。買い得グレードはZだ。パワーユニットは2.5Lのノーマルエンジンもあるが、ハイブリッドZを推奨する。

 価格はノーマルエンジンのZよりも80万円高いが、ハイブリッドZには100V・1500Wの電源コンセントが装着され、購入時に納める税金は19万4000円安い。したがって実質価格差は約56万円に縮まる。

 レギュラーガソリン価格が160円/Lなら、ハイブリッドで9万~10万kmを走ると、燃料代の節約で約56万円の実質価格差を取り戻せる。

 しかも新型のハイブリッドのシステム最高出力は250psだから、先代型の197psに比べて1.3倍まで強化された。加速も滑らかで買い得度が強い。

(TEXT/渡辺陽一郎)

●渡辺陽一郎のオススメグレード&買い方
・オススメグレード:ハイブリッドZ(FF)
・価格:620万円
・パワーユニット:2.5Lハイブリッド
・乗車定員:7人
・ひと声値引き:35万円
・納期目安:受注停止中
・オススメの購入方法:サブスク(現在はKINTOのみ受注)

次ページは : ■トヨタ ヴェルファイア(655万~892万円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!