ランクル! そしてジムニー!! 日本人は四角いクルマが大好き!? カクカクボディに戻って大成功したクルマ5選

ランクル! そしてジムニー!! 日本人は四角いクルマが大好き!? カクカクボディに戻って大成功したクルマ5選

 ここ最近、角張ったクルマが多いのは気のせい? いや、そんなことはありません! いま、四角いボディが流行っているんです。そう、クルマのボディのトレンドはマルからシカクへ。この流れに乗り遅れることなかれ!

文/FK、写真/スズキ、トヨタ、ホンダ、FavCars.com

■トヨタ・ランドクルーザーの四角いボディは本格オフローダーの機能を追求した結果の賜物

日本人はカクいのが大好き!? 四角に戻って大成功したクルマたち
ランドクルーザー300シリーズは、人々の安全・安心を支える“どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ”というニーズに応えるべく、信頼性・耐久性・悪路走破性をさらに進化させたモデルだ

 2021年8月にデビューした現行ランドクルーザーの300シリーズ。

 この300シリーズは、1967年に登場した55シリーズから先代の200シリーズがカテゴライズされるステーションワゴンタイプに分類されるモデルとなるが、先代の200シリーズに比べると、よりスクエアなボディ形状が採用されている。

 300シリーズのエクステリアに関するトヨタのうたい文句は“本格オフローダーとしてのタフな強靭さと、洗練された大人の深みを融合”。それを実現するべく、300シリーズでは歴代ランドクルーザーのヘリテージを追求し、キャビンを後ろ寄りに配置するキャビンバックワードプロポーションを採用。

 また、ラジエターグリルをヘッドランプとともに高い位置に配置するとともに、角を丸くして障害物を当たりにくくしたり、前後バンパーの下部も障害物をいなすようなランドクルーザーならではの“いなし構造”を採用するなど、こちらも歴代ランドクルーザーの流れを汲んだオフロード走行時の機能性を重視したデザインとなっている。

 そんな300シリーズは高次元な走りと環境性能の向上を目指したGA-Fプラットフォームをはじめ、悪路での耐久性と時代のニーズに対応する新機構、操縦安定性・操作性向上を目指した最新装備、パワーと環境性能を兼ね備えた新パワートレーン、最新世代の安心・安全装備なども好評を博し、納車待ち1年以上ともいわれるほどの人気車となっていることは周知のとおりだ。

 また、2023年8月にはランクルの本流ともいうべき250シリーズを発表(2024年前半に発売予定)。こちらもエクステリアに水平基調のデザインが採用され、いかにもリアルオフローダーといった雰囲気をまとっているだけに300シリーズと同様に人気爆発の予感大!

次ページは : ■スズキ・ジムニーのスクエアボディはビジュアルと機能を高い次元で両立

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します