【もう車齢13年…】登場年に買っても今年自動車税15%増しになるクルマたち


 新車登録から、ガソリン車で13年、ディーゼル車で11年を超えたクルマには、乗用車で15%増しの重課(増税)となることはご存じでしょうか。これらのクルマが生まれた13年前の2006年は、日本版レクサスが誕生し、日本カー・オブ・ザ・イヤーはそのレクサスLS460が受賞、RJCカー・オブ・ザ・イヤーは同年に登場した三菱の軽自動車「i(アイ)」が受賞するなど、平成時代の中でも特徴的な時期でした。

 そのいっぽうで、平成30年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.24年となり、前年に比べ0.33年長期化、3年連続の増加で過去最高となった。また、10年前の平成20年に比べて1.57年延びている。

 今もまだ乗り続けている方が多いであろう、「13年前にデビューしたクルマたち」を5台、ご紹介します。
文:吉川賢一


■レクサス「LS460」

レクサスLS460 2006年9月デビュー

 2005年に日本市場へ登場したGSとSCに次いで登場したのがTOPモデルとなる「LS」です。LS460に搭載された4.6L、V8エンジンは283kW(385ps)/500Nmというパワー&トルクを誇り、低く抑えられたNVH(騒音・振動・ハーシュネス=立て付けの悪さから来るガタピシ感)と、シフトショックがいっさいないスムーズな8ATも相まって、60~80km/h程度で走っているつもりでも、気がつけばとんでもないスピードが出てしまっている、というほどの「静寂の乗り味」を実現したクルマでした。

 ベース車の価格は770万円からなのですが、最上級グレードにプリクラッシュセーフティなどの安全装備をフル装備すると1,200万円にもなってしまいます、しかし、ベンツSクラスやBMW7シリーズのユーザーからも一目置かれる程、国際的な競争力を持つことができたクルマです。

■ミツビシ「i(アイ)」

ミツビシ「i」2006年1月デビュー

 今見ても新しさを感じるエクステリアデザインが「i」の魅力です。三菱として初のリアミッドシップレイアウト、ロングホイールベース、前後重量配分は45:55、タイヤを四隅ギリギリに配したワンモーションフォルムなど、ハンドリング好きにとっても、心くすぐられるような軽自動車でした。

 インテリアデザインもすっきりとしたプレミアム性を持たせたことで評価が高く、小さいけど頼りがいのあるクルマとして、当時の自動車ファン達を賑わせました。

 冒頭に紹介したRJCカー・オブ・ザ・イヤーだけでなく、2006年度グッドデザイン大賞、2006年日本軽自動車商品性評価調査で第1位獲得、2007 日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー等など、様々な面で受賞をした名車です(ガソリンエンジン仕様は2013年9月に販売終了、いっぽう2009年より法人を中心に販売された世界初の量産型EV、i-MiEVは2018年4月の一部改良でバンパーを拡大、全長が3480mmとなったことで軽自動車から登録車へ変更し、現在も販売中)。

次ページは : ■日産「スカイライン(V36型)」