乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

乗り心地も操縦性もヨシ! 熟成されたBMW X1も後席で感じた不満とは?

 BMW X1のプラットフォームは先代からのキャリーオーバー。熟成の域に達しており乗り心地も操縦性もイイ!! 残念だったのが後席の乗降性とシートクッションの薄さがマイナスポイントとなった。

※本稿は2023年12月のものです
文/水野和敏、写真/BMW、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年12月26日号

【画像ギャラリー】走行性能は申し分なし!! しかし……!? BMW X1 xDrive 20d M Sportを水野和敏氏が評価(16枚)画像ギャラリー

■上質な乗り心地と高い操縦性

BMW X1はしなやかで上質な乗り心地と安心感のある操縦性を作り上げている
BMW X1はしなやかで上質な乗り心地と安心感のある操縦性を作り上げている

 ではいつものように歩くほどのゆっくりとした速度で、ステアリングを左右に大きく切ります。

 操舵に対する反応は、ずいぶんとマイルドです。反応が薄いとか鈍いということではなく、しっかりと反応はしているのですが、車体の反応が穏やかなのです。

 また、走り出して感じる路面のザラザラ感をスッといなして上質な乗り味を作り出しています。ロードノイズも小さいです。

 これはショックアブの低速域、0.03m/sec域を抜いて、フリクションを小さくし、きちんと動かしていることに加え、ブッシュ類も柔らかくして路面の凹凸振動を吸収しています。

 それにより、操舵に対する反応もマイルドになっているのです。バネは比較的硬いセッティングです。

 ショックアブを緩めた分、バネの硬さで操舵に対する車体の反応を引き出しています。これは上質な乗り味です。X3クラスの質感です。

 ただし、ペイント段差の波状路面を40km/hで通過すると、入力はスッとソフトなのですが次第に“タタン、タタン”と振動感が増幅されます。

 これはショックアブの伸び側の減衰力が強いため、連続段差で足が伸び切る前に次の入力を受けてしまうためです。特にリアサスの伸び側です。

■スポーツモードでの乗り心地の硬さも逆にイイ

操舵に対する前後のバランスは良好。以前のBMWとは違い、マイルドにトルクが付いてくる。スポーツモードは若干硬いが山道では程よい硬さだ
操舵に対する前後のバランスは良好。以前のBMWとは違い、マイルドにトルクが付いてくる。スポーツモードは若干硬いが山道では程よい硬さだ

 速度を上げていくと、操舵に対する前後のバランスはいいですね。変にフロントがつんのめるようなことはなく、フロントの動きにリアが遅れることなく追従します。

 下り込みでブレーキングをしながらのターンインでも、フロント外輪に荷重が集中することはありません。安心感のある操縦性。このシャシーのセッティングは絶妙です。

 スポーツモードに切り替えると、やや硬さを感じますが、操舵に対するレスポンスなど全体的にしゃっきり感が増して山道では好ましいです。

 ちょっと路面のザラザラ感を感じるようになるとともに、ロードノイズも増えますが、けっして不快なほどではありません。

 2Lディーゼルターボは、以前のBMWにありがちだったドカンとトルクが立ち上がる特性ではなく、マイルドにトルクが付いてくる印象。

 アクセルの踏み加減に対し、ワンテンポ遅れてレスポンスする印象ですが、トルクの出方はリニアで加速に違和感はありません。

 これは燃費を意識したチューニングです。トルク特性はドライバーに燃費のいい運転をさせる特性です。これは「賢い」出力特性のセッティングです。

 フルブレーキを試します。初期からしっかりと制動力が立ち上がり、ノーズダイブも抑えられていて姿勢が安定しています。ブレーキのバランスもいいです。熟成された上質感を感じます。

次ページは : ■水野和敏 取材メモ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!