新型WR-V狙うならヤリスクロスもあるぞ!! アンダー250万円で買えるコスパ最強SUV4選

新型WR-V狙うならヤリスクロスもあるぞ!! アンダー250万円で買えるコスパ最強SUV4選

 SUVブーム全盛のいま、ホンダが200万円台前半で買えるWR-Vを発表。過熱的様相を呈する国内コンパクトSUVシーンなだけにコスパの良いモデルは選びたい放題の状況にあるが、ここではその代表4車種を厳選して紹介。

文/FK、写真/スズキ、スバル、トヨタ、ホンダ、マツダ

【画像ギャラリー】コスパの良いコンパクトSUVを厳選!!(20枚)画像ギャラリー

■WR-Vの“最大のライバル”は兄貴分的存在のホンダ・ヴェゼルでしょ!

 200万円台前半からの車両本体価格で2024年春に登場予定のWR-V。そのライバルはホンダ内にありと思わざるを得ない1台がヴェゼルではないだろうか。

 というのも、ヴェゼルの唯一のガソリンモデルであるGグレードは239万9100円でハイブリッドの最廉価モデルであるe:HEV Xグレードでも277万8600円。

 サイズもWR-Vが全長4325×全幅1790×全高1650mmに対して、ヴェゼルは全長4330×全幅1790×全高1580mm(e:HEV Zとe:HEV PLaYの2グレードは全高1590mm)と非常に似たような設定がなされているのだ。

 現状公開されている情報では、WR-Vのほうがよりエントリー層に向けたモデルと判断できるが、価格に大差がないのであればヴェゼルを選ぶ人もいるのでは? 

 その魅力は多岐に渡るが、まずはスタイリッシュなエクステリアから。クーペライクなプロポーションもさることながら、全席で爽快な視界を提供するべく採用されたスリーク&ロングキャビンはユーザーからもすこぶる好評だ。

 空力性能においても、F1パワーユニットの設計・開発などを行うHRD Sakuraの風洞実験施設で空力性能を徹底追求。エアロパーツを足すのではなく、各部の形状を最適化することで優れた空力性能も手に入れているのだ。

 また、ヴェゼルのハイブリッドモデルではモーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分ける独自の2モーターハイブリッドシステムe:HEVを採用。バッテリーのセル数を増やしてモーター出力を上げ、SUVにふさわしい力強い走りも実現している。

 それでいて小型化したパワーコントロールユニットを荷室下からエンジンルームへ移動し、吸排気経路の最適化などを行ってヴェゼルの強みである広い荷室空間もしっかりと確保されている。

 現在は一部タイプで受注を一時停止しているが、すべてを備えたヴェゼルの人気はまだ続きそうだ。

■トヨタのドル箱SUVヤリス クロスは充実のラインナップも魅力的すぎる

ホンダ・WR-V参戦でますますアツい!! ホントにコスパの良いコンパクトSUV5選
走り、利便性、安全性能など、すべてにおいて従来のコンパクトSUVの概念を一新したヤリス クロス。乗る人の個性やライフスタイルを彩る都市型コンパクトSUVとして、新たな価値も提供

 日本自動車販売協会連合会が発表した2023年4~9月の車名別新車販売台数ランキング(乗用車)でNo.1に輝いたヤリスシリーズ。

 その軽快な走りはもとより、先進の安全・安心技術や低燃費はしっかりと受け継ぎつつ、いまの時代に求められるコンパクトSUVの新しい価値を追求したヤリス クロスは2020年8月に登場。

 軽快な走りを身上とするシリーズの派生モデルだけあって、サスペンションの一新によって獲得した軽快なハンドリングと上質な乗り心地はクラストップレベル。

 加えて、さまざまな路面状況に対応する4WDシステムが採用されていることも特筆すべきポイントで、ガソリン車(車両本体価格212万7000円~256万2000円)ではオフロードや滑りやすい路面での走破性を向上し、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択可能なマルチテレインセレクトを採用。

 ハイブリッド車(車両本体価格251万5000円~293万6000円)も雪道などで安心な走行をサポートする電気式4WDシステムのE-FourをトヨタコンパクトSUVで初設定するなど機能も充実している。

 また、ヤリスがもつ凝縮感やSUVならではの力強さ・存在感を表現したエクステリアや、ユーティリティ性にこだわった室内空間やゆとりあふれる荷室空間もヤリス クロスがコンパクトSUVであることを忘れさせるほどだ。

 2022年8月にはGR SPORTをラインナップに追加。

 剛性アップパーツ、サスペンション、電動パワーステアリング制御、パワートレーン制御、ラジエターグリル&リアバンパーロアカバー、アルミホイール、スポーティシートなど多岐に渡る専用装備が満載。

 このように専用装備が充実しているにもかかわらず、ガソリン車は236万7000円、ハイブリッド車でも275万円というお手頃な車両本体価格は魅力的といわざるを得ない。

次ページは : ■上質でスタイリッシュなデザインにこだわるならマツダのCX-3に決まり!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!