【ロードスター、スープラ、ラパンの共通点!?】 イカすリアビュー選手権 魅惑のバックシャンはこれだ!!


 クルマのデザインを評価するとき、皆さんはリアビューをどのくらい重視するだろう。企画担当、クルマの購入を考えるときにはデザインを非常に重要視するのだが、やっぱりリアデザインも相当大事。

 フロントデザインはキリッとしてていい感じだったのに、リアを見ると「あれっ?」となんとも言えない違和感を感じて、そのモヤモヤがずっと残ることもしばしば(それで実際に買うのを思いとどまった車種もある)。

 それはさておき、ここのところクルマでも流麗なリアビューにこだわったモデルが増えてきているような気がする(もちろんこれもあくまで担当の主観ではあるが)。

「バックシャン」とは、「後ろ姿が美しい女性」のこと。今回はクルマ界の“バックシャン”を探して、国産車・輸入車を隔てなく探し回ってみた。

※本稿は2019年5月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■マツダ ロードスターRF

 曲線美とアスリート的な力強さを持つリアフェンダー、クーペ的なエレガントさを際立たせるCピラーなどが多くの人を惹きつける。クローズド、オープンともに違ったカッコよさがあるのも魅力。

●グラマラス度:97点

■光岡 ロックスター

 ベースがロードスターだとはとても思えないアメリカンな丸目4灯テールランプが個性的。

●グラマラス度:93点

次ページは : ■アルピーヌ A110