北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

 日本では先代型となる6代目レガシィB4でその使命を終えたが、北米では7代目モデルが販売されている。これがかなりカッコいいセダンで、日本に導入してもいいのではないだろうか。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル

【画像ギャラリー】北米専売モデルの「レガシィB4」を写真でCHECK!(22枚)画像ギャラリー

■北米では2019年から新型B4を発売開始

北米専売となるレガシィB4のボディサイズは全長4840×全幅1840×全高1500mm、ホイールベース2750mm
北米専売となるレガシィB4のボディサイズは全長4840×全幅1840×全高1500mm、ホイールベース2750mm

 日本では先代6代目モデルでレガシィB4の販売が終了したレガシィ。現在はレガシィアウトバックのみ現行型が導入されている。セダンのB4については北米で2019年にフルモデルチェンジを受けて7代目モデルが誕生しているのはご存じのとおり。

 そのボディサイズは全長4840×全幅1840×全高1500mm、ホイールベース2750mm。先代モデルから全長で45mm大きくなっているが、全幅と全高、ホイールベースは先代とほぼ同等のサイズだ。

 パワートレーンは水平対向4気筒直噴2.5LのNAであるFB25と、同2.4L直噴ターボのFA24という2本立て。このうち、FB25については全部品の約9割が新開発されたのもポイント。

 また、新たにスバルグローバルプラットフォームを採用され、ボディ全般が強化されている。内装ではベースグレードを除いて11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイが採用。

■国内セダン市場の縮小で消えたレガシィB4だが

レガシィB4のリアビュー。写真のグレードはブラックのトランクスポイラーが装着されており、スポーティな印象
レガシィB4のリアビュー。写真のグレードはブラックのトランクスポイラーが装着されており、スポーティな印象

 FFベースのミドルクラスセダンといえば、国産モデルではアコードが2024年春に登場する予定だが、現在販売されているのはマツダ6のみ。カムリも新型は日本では発売されるかどうかはアナウンスされていないが、導入されない可能性が高い。

 スバルは今、国内のセダン市場縮小に伴ってレガシィB4だけでなく、インプレッサG4も先代型で販売を終了。しかし、現在スバルのセダンがWRX S4のみというのはセダン好きの担当ならずとも寂しいと思うユーザーもいるのではないだろうか。

 WRX S4だとスポーツ性が強すぎるのでもう少しフォーマルなセダンが欲しいユーザーなら、レガシィB4はピッタリだと思うのだが。

次ページは : ■レガシィといえばワゴンのイメージが強かったが……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します