ヴェルファイア プリウス デイズ…まさかの下剋上をくらったクルマたちの言い分 10選


 誰しも、ある程度の計算をしながら日々を過ごしている。「●●にはいくら入ってくる」とか「今月はこのぐらい出費しないといけないな」など。

 そしてそれはある意味でクルマも同じ。メーカーは「このくらいは売れてくれるはず」という計算のもと、開発を重ね、磨きをかけて新車を市場へと送り出す。

 ところが、時には思わぬ相手によってその計算を狂わされることもある。いわゆる「下剋上」と呼ばれるのがそれだ。それは長年のライバルが相手だったりもするし、よりにもよって同じ親元(メーカー)からでてきた弟分や別車種だったりもする。

「アイツさえいなければオレはもっと」「アイツのせいで肩身が狭い、辛い、恥ずかしい…」なんて思いは、多くの人に刻まれているはずだろう。

 ということで、今回はそんな、身内やライバルカーからまさかの下剋上を食らってしまったクルマたちの言い分を聞いてみました。

※本稿は2019年5月のものです
構成・文:フォッケウルフ/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■アルファードに下剋上を食らったトヨタ ヴェルファイアさんの言い分

●トヨタ ヴェルファイア

2015年のモデルチェンジ以降、立場が逆転。1~3月の販売台数では約7000台の差でアルファード勝利

「アル/ヴェル」と呼ばれるオレたち兄弟は、常に切磋琢磨してきた! そして先代モデルでは、後発だったオレが兄貴をリードした! 下克上ってヤツだ。俺は天下を取ったような気分だったぜ!

 ところが現行モデルでは、ド迫力の銀歯をもらった兄貴に、再逆転を食らった。オレもあんな銀歯が欲しいぞ! 銀歯がダメなら牙でもいい。新しい武器をくれ~~!

再逆転を果たしたアルファード。銀歯もどこか誇らしげ

■C-HRに下剋上を食らったトヨタ プリウスさんの言い分

●トヨタ プリウス

マイチェン後は盛り返したが、国内販売一位を争うN-BOXは、まだはるか彼方……

 TNGAを得て、走りのレベルがいままでとは段違いになった僕。なのに、顔が悪いとさんざん悪口を言われて、販売トップの座から転落しちゃった。

 原因は顔だけじゃない、目の上のタンコブのアイツ、C-HRが僕の客を奪ったんだ! それすら「プリウスの顔が悪いからC-HRが売れてる」なんて言われる始末。冗談じゃないヨ!

 ママ~(トヨタ)、僕はまだ顔が悪い? こないだ整形してくれたよね!?

そんなプリウスを尻目に絶好調が続くトヨタ C-HR

次ページは : ■eKクロスに下剋上を食らってる日産 新型デイズさんの言い分

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ