スピード違反ともおさらば!! スマホの「探知機アプリ」最新事情! 意外なレーダー探知機との違いって???

スピード違反ともおさらば!! スマホの「探知機アプリ」最新事情! 意外なレーダー探知機との違いって???

 クルマでの移動の際に気をつけたいのは、やはり安全運転。交通法規の遵守。中でも「スピード違反」には注意。オービスがある場所は、スピード過多が特に危険と思われる場所だ。探知アプリなどをじょうずに使い安全運転に役立てよう。

※本稿は2024年1月のものです
文/高山正寛、写真/高山正寛、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

■無用なスピードの出しすぎに注意

光電管によるネズミ捕りをする警察官。物陰などに隠れているため、非常に気づきにくて厄介
光電管によるネズミ捕りをする警察官。物陰などに隠れているため、非常に気づきにくて厄介

 年末年始の帰省などクルマでの移動が増えるこの時期、やはり「スピード違反」には気をつけたい。特に昨今設置が拡大している「移動式オービス」に対し、ドライバー側も自己防衛が必要。一番効果が期待できるのはレーダー探知機だが、価格面で二の足を踏むユーザーも多い。

 そこでスマホアプリの出番。効果も含め、活用メリットを紹介しよう。

■オービスが配備される場所

移動式オービスは省力化、コストダウンが可能なため増殖中。移動式というだけに、まさに神出鬼没だ
移動式オービスは省力化、コストダウンが可能なため増殖中。移動式というだけに、まさに神出鬼没だ

 これまでのオービスは幹線道路を中心に固定配備されていたことは多くのドライバーが理解しているだろう。これとは別にレーダーや光電管、そして覆面パトカーなどによる追尾計測による検挙など、さまざまなパターンがある。

 しかし前述した方式の場合、基本は警察官の配置が必要になり労働時間が増える可能性が高くなる。そこに登場したのが移動式オービスだ。

 まず設置が簡単で早朝や深夜などの時間帯なども少ない人数で運用できる。そして設置スペースもフレキシブルなのでまさに“神出鬼没”。

 これまでも一級国道などで速度が出やすい場所に設置されるケースが多かったのだが、昨今では高速道路、そして注意しなければいけないのが「ゾーン30」に代表される生活区域における交通規制エリアにも登場しているのだ。

■スマホアプリの強みは「データベース」

スマホアプリはオービスの緯度経度のデータからドライバーに警告する
スマホアプリはオービスの緯度経度のデータからドライバーに警告する

 今回紹介するアプリは目的としては安全運転のためのツールのひとつだが、オービスをはじめとするレーダーや電波を「探知」するわけではない。

 スマホアプリの場合は事前に収録されたデータベースを元に取り締まり情報を表示、警告する。当然のことだが、レーダー探知機のような「受信感度」は関係なく、スマホのGPS感度を含めた受信精度、そして最も重要なのが取り締まり情報を含めた「データベース」の精度と鮮度が求められる。

 今回紹介するアプリも含め、基本的な考えは地図データ上(多くの場合はGoogleマップ上)にカスタマイズした取り締まり情報等を載せることで情報をドライバーに伝える。

 現在も主流はこれらを使った専用アプリが有償無償を問わずアプリストアで入手できるが、昨今ではこれまた主流の「カーナビアプリ」にオービス情報をインストールするものも増えてきている。

次ページは : ■オービス位置などのデータベースを細かく更新

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!