操舵がポルシェらしくない!? でも安定感はバツグン!! ポルシェ タイカンターボ クロスツーリスモ 徹底試乗

操舵がポルシェらしくない!? でも安定感はバツグン!! ポルシェ タイカンターボ クロスツーリスモ 徹底試乗

 ポルシェ初のBEVとして登場した「タイカン」。そんなタイカンをシューティングブレークのようなボディ形状へ変更し、よりアクティブなクロスオーバーへと仕立てたのが「クロスツーリスモ」だ。今回はトップモデルのターボを借り出し、肝心の走りの面において厳しくチェックする!!

※本稿は2024年1月のものです
文/水野和敏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2024年2月26日号

■安定感は抜群なものの操舵に違和感が……

圧倒的な動力性能を見せるポルシェ タイカンクロスツーリスモ。高速時のコーナリングでは高いスタビリティを発揮
圧倒的な動力性能を見せるポルシェ タイカンクロスツーリスモ。高速時のコーナリングでは高いスタビリティを発揮

 走り出して間真っ先にゴツゴツした硬さを感じます。これはタイヤです。タイヤのサイドウォールの硬さです。

 まずは歩くほどのゆっくりとした速度で走りますが、車体のガッチリ感がもの凄い。EQSと同じく、2.5トンに迫る車重に対応するため、車体そのものがガッチリしているし、サスペンションも高い剛性を持っています。

 加速をしてみます。前後2モーターで最高出力680ps、最大トルク86.7kgmの動力性能は圧倒的です。

 ステアセンターを起点にして、左右の不規則な操舵と、アクセル操作を行うと、不感帯の領域ができます。これはポルシェらしくない。深く切り込んでいくと、ある舵角から急激にゲインが出てCP(旋回力)が立ち上がります。

 これは……車体の遊びや足回りではありません。前後モーター4WDの協調制御の合わせ込み領域の問題だと思います。

 アクセルを踏み込んである程度前後の駆動力が安定した領域では違和感は出ないのですが、コーナリング中にアクセルのオン/オフコントロールをすると、前後モーターの駆動トルクに微妙な差異が生じ、FF車のトルクステアのような操舵の挙動があります。特にアクセルオフの瞬間にでる、CPの変化が気になります。

 速度を高めたコーナリング時の挙動そのものは圧倒的なスタビリティを発揮します。リアを軸にしてフロントのバランスをとっています。公道で普通の人が走らせている限り、挙動を乱すようなことはないでしょう。それほどの安定感です。

 ブレーキは大きなキャリパーとローターを付けているにも関わらず、フル制動でちょっと抜ける感覚があります。特にペダルを踏んだ瞬間のググっと効く感覚が乏しいです。ポルシェのブレーキにしては効きの変化があります。

 路面からの音は小さく抑えられています。ロードノイズも抑えられていて静かです。

次ページは : ■タイカンクロスツーリスモの評価は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!