昭和のクルマ好きには捨てがたい!! 今こそお手頃価格で乗れる「FR車」にロックオン! 激推しFR5選

■3代目マツダロードスターは完成度も評価も高かったのになぜか価格はお手頃

昭和のクルマ好きなら捨てがたい!! いまこそお手頃価格で乗れるFR車にロックオンすべきとき! 激推しFR5選
軽快感と開放感を追求したベーシックモデルの現行ロードスターのSグレード。トランスミッションは6MTのみの設定となるが、289万8500円というリーズナブルな車両本体価格は大きな魅力

 ライトウェイトオープンスポーツカーの代表格として、今なお人気が高いロードスター。しかし、その歴史において確たる人気を得られなかったのが3代目ではないだろうか。

 全幅1700mmを超える3ナンバーボディや新開発の2Lエンジンを採用するなど、それまでのロードスターのイメージから脱却するようなフルモデルチェンジが行われた3代目。

 しかし、2Lの水冷直列4気筒DOHC 16バルブ MZRエンジンは軽快さ、伸びやかさ、力強さ、リニア感、サウンド特性をバランスよく融合した一級品であった。

 また、重量削減が可能な部位を洗い出す“グラム作戦”を展開することで、2代目と同等のコンパクトさで軽量なボディを実現。

 加えて、要所で超高張力鋼板を使用してボディ剛性の向上が図られていたこともあって、3代目の走りは完成度が高く、実際に評価も高かった。

 2006年8月にはルーフをホイールベース間のシートバックスペースに収納する電動ルーフシステムを採用したパワーリトラクタブルハードトップを発売するなど、初代から大きな進化を果たしつつあった3代目。

 しかし、2代目と大差ない車重だったにもかかわらず、初代・2代目が確立したライトウェイトスポーツカーのイメージからかけ離れてしまったことが仇となってセールスは低迷。このような状況を打破するべく、原点回帰のコンセプトのもとに4代目が2015年5月に登場するに至った。

 そんな3代目の現在の中古車市場における平均価格は100万円前後と、フーガ同様にお手頃な価格で推移。

 ちなみに、最廉価グレードのSであれば車両本体価格が300万円を切る現行モデル(4代目)も価格高騰が続く昨今の国産車のなかにあってお買い得なモデルといえる。

【画像ギャラリー】FRって昭和のクルマ好きにはたまらないよねー(19枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号