マツダvsスバル ガチ対決 4番勝負【4WD 安全装備 デザイン 業績編】


 クルマ好きからの人気が高いスバルとマツダ。

【個性派メーカー2社の強み弱みが見えてくる!?】 マツダvsスバル 現行車対決 3選、さらに【あのエンジンは実際どれだけスゴイのか】 マツダvsスバル パワーユニット対決では、同ジャンルのモデル、パワーユニットの比較を通して、両社の強みと弱みとを浮き彫りにしてみた。

 今回は4WD、安全装備、デザイン、業績の4つの方面で両社を比較する。

※本稿は2019年6月のものです
文:齋藤 聡、松田秀士、清水草一、清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月26日号


■4WD対決

(TEXT/齋藤 聡)

 スバルの4WDは、水平対向エンジンとその後方にまっすぐ取り付けられているトランスミッションのレイアウトの関係で、必然的にトランスファ、あるいはセンターデフによってトランスミッション後端で前後輪に分配される。

スバルは、マルチモードDCCD、ビスカスLSD付きセンターデフ、VTD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)、ACT-4(アクティブトルクスプリットAWD)、X-MODE付きACT-4の5種類を保有。マツダはi-ACTIV AWDのみ

 そしてフロントデフへはミッションの中を通して駆動が伝えられる。当然後輪へもトランスミッション後端からまっすぐリアデフにパワーが伝えられる。

「シンメトリカルAWD」とスバルが呼ぶ理由がここにある。

 前後デフ位置をクルマの中心に持ってこられるので、ドライブシャフトの長さを長く、しかも左右均等にできるので、4輪にバランスよくパワー(トルク)を伝えることができる。生まれ持った素性のよさがスバルにはあるわけだ。

 一方、マツダは横置きエンジンのFF車をベースに4WD化しているのが特長だ。フロントデフにパワーを伝えるいっぽうで、そのパワーをパワーテイクオフ(ギア)を介してそのままリアに伝えている。リアデフ直前に電子制御カップリングを配置し、カップリングの多板クラッチによってリアへの駆動トルクを制御する。いわゆるオンデマンド方式の4WDシステムだ。

 ただマツダの4WD制御は、ステアリング、アクセル開度、車速、車輪速、G、傾きなどなど、さらにはライトやワイパーまでセンサーとして使い統合制御することで後輪への駆動トルク配分をコントロールしている。

 その制御は、これまでのオンデマンド式の4WDのイメージをひっくり返すくらい綿密でナチュラル。特別な知識やテクニックを必要とせず、普通に運転して高性能が引き出せるのが、マツダの4WDシステムの優れた点だ。

 一方、スバルは素性がよいとは書いたが、従来の4WDのなかではということ。また、4WDの特性を理解していたほうがより深く性能を引き出せるという点でスバルのほうがややマニアック。性能は互角といえる。

 マニアックが好きか嫌いかが勝敗の分かれ目で、マニアック好きな筆者は必然的にスバルに軍配を上げる。

■先進安全装備対決

(TEXT/松田秀士)

 スバルは「アイサイト・ツーリングアシスト」、マツダは「i-ACTIV SENSE」が最新の安全装備だ。サポカーSワイドレベルの機能に両社の差はほぼないと考えられる。

 では、ドライバーが自発的にセットすることで運転を支援する機能を見てみよう。高速道路などで自動的にアクセルとブレーキを調整、前走車両との車間距離を一定に保ちながら走行するACCだ。

JNCAPで、常に上位入賞する高い性能を見せる両社。2019年は新型フォレスターが最高得点となる96.5点を獲得。だが2017年にはCX-8も最高得点を獲得した経験があり、どちらも先進安全装備には力を入れている

 スバルのアイサイトはステレオカメラによってこれをコントロールするが、マツダのi-ACTIV SENSEはミリ波レーダーによる。そこで何が違うのかというと設定最高速。

 アイサイトが120km/hなのに対してi-ACTIV SENSEでは高速域と表記されていて、アイサイト以上に設定が可能だ。これはミリ波レーダーとステレオカメラの遠方認識性能の差といえるが、アイサイトの米国仕様は140km/hとなっているようで、今後国内仕様も引き上げられるかもしれない。

 そして車線をカメラで読み込んでステアリングをアシストし、車線内中央を維持して走行させるLKA(レーン・キープ・アシスト)。

 i-ACTIV SENSEではアシスト介入の早さや強弱をドライバーの好みにセットできる。アイサイトにはそれはない。

 さらにACCから独立してLKAを個別にセットできるが、アイサイトはACCとセットでないと使えない。個別機能のカスタマイズが可能なのだ。この機能はマツダの勝ち!

次ページは : ■デザイン対決