新型ランクル250がついに登場!! 今年買うことができるトヨタのSUV12選

■トヨタ ハリアー(2020年6月登場)

トヨタ ハリアー(価格帯:312万8000~620万円 2023年販売台数:7万5211台)
トヨタ ハリアー(価格帯:312万8000~620万円 2023年販売台数:7万5211台)

 外観、内装ともに上質で居住空間や荷室も広い。乗り心地も適度に柔軟だ。売れ筋価格帯が400万円以上の高価格車では、最高峰の売れゆきのSUVだ。

【主要諸元】
・全長4740×全幅1855×全高1660mm
・1650kg
・最低地上高190mm
・2.5L、直4(178ps/22.5kgm)+モーター(F:120.0ps/R:54.0ps)
・WLTCモード22.3km/L

■トヨタ bZ4X(2022年5月登場)

トヨタ bZ4X(価格帯:550万~650万円 2023年販売台数:923台)
トヨタ bZ4X(価格帯:550万~650万円 2023年販売台数:923台)

 トヨタ初の量産BEV。静かで滑らかな安定した走りが特徴だ。内装質感は物足らなさも。

■トヨタ RAV4(2019年4月登場)

トヨタ RAV4(価格帯:293万8000~563万3000円 2023年販売台数:4万1018台)
トヨタ RAV4(価格帯:293万8000~563万3000円 2023年販売台数:4万1018台)

 ハリアーとキャラ違い。HVも選べるが悪路走破力を高めた2L・NAの4WDが一番魅力的だ。

■トヨタ カローラクロス(2021年9月登場)

トヨタ カローラクロス(価格帯:218万4000~345万9000円 2023年販売台数:6万7350台)
トヨタ カローラクロス(価格帯:218万4000~345万9000円 2023年販売台数:6万7350台)

 全グレード、NAよりHVが割安。全長が4500mm以下のSUVでは荷室が最も広い。

■トヨタ ヤリスクロス(2020年8月登場)

トヨタ ヤリスクロス(価格帯:190万7000~315万6000円 2023年販売台数:10万1060台)
トヨタ ヤリスクロス(価格帯:190万7000~315万6000円 2023年販売台数:10万1060台)

 1.5L・HVも選べる。運転しやすく外観は都会的で、現状SUVの最多販売車種となっている。

■2024年……これから登場するトヨタのSUV

●トヨタ ランドクルーザー250(4月登場?)

トヨタ ランドクルーザー250。全長4925×全幅1980mmという堂々たるサイズ。写真の丸目と角目の2タイプがラインナップ
トヨタ ランドクルーザー250。全長4925×全幅1980mmという堂々たるサイズ。写真の丸目と角目の2タイプがラインナップ

 一番の注目車はランクル250だ。実質的にランクルプラドの後継だが、250のボディサイズは300に近く、全幅やホイールベースも同じほど。したがって車内も300と同等に広い。エンジンは2.7L、NAと2.8LのDTで、価格を低く抑える一方、悪路走破力は300以上と優秀だ。

●トヨタ クラウンエステート(初夏登場)

トヨタ クラウンエステート。ワゴンとSUVのクロスオーバーモデル。全長4930×全幅1880mmとビッグサイズ
トヨタ クラウンエステート。ワゴンとSUVのクロスオーバーモデル。全長4930×全幅1880mmとビッグサイズ

 クラウンエステートも発売を控える。全長とホイールベースはクラウンクロスオーバー、全幅はクラウンスポーツと等しいが、外観は水平基調だ。クラウンシリーズでは後席を中心に居住空間と荷室が最も広い。

【画像ギャラリー】正面から見ても、横から見ても、下から見ても、良いクルマ! 販売中のトヨタSUVと今後登場予定の新型SUVを見よ!(35枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します