ガソリンを捨てきれない理由は[ハイブリッド車]のバッテリー寿命!? 延命術はあるのか?

■バッテリー寿命を延ばすテクニックとは?

ガソリンが捨てきれない理由はハイブリッド車のバッテリー寿命!? 延命術はあるのか?
トヨタ アクア(現行型)。コンパクトHVの代表的モデルで、街中で見かけることも多い。アクアは内燃エンジンも動力にするパラレルハイブリッドモデル

 交換が可能とはいえ、HVのメインバッテリーはなるべく長持ちさせたい。そこで最後はバッテリー寿命を延ばすテクニックを紹介する。

■低残量で保管しない

 HVのメインバッテリーにはニッケル水素、あるいはリチウムイオンバッテリーが使用されているが、これらのバッテリーは過放電に弱いという特性がある。

 特にエネルギー残量が少ない状態で保管すると、温度変化などによって自己放電が進み、結果的に過放電になって劣化する可能性がある。

 これを防ぐため、バッテリー残量ゲージに注意を配り、しばらくそのクルマに乗らない予定であれば、多少でも走行(充電)して、バッテリー残量に余裕がある状態で保管する。

■満充電にも注意!

 充電式バッテリーには過放電で劣化する特性があるが、反対に満充電状態で保管してもバッテリーにダメージを与える可能性がある。

 特に高温になるガレージでクルマを保管する場合、満充電のバッテリーが温度上昇によって活性化し、過度の発熱で劣化してしまうこともある。

「カラカラはダメだが満タンでもダメ」。これがHVの保管で気をつけておきたいことだ。

■バッテリーの酷使を避ける

 ガソリンの消費量を減らそうとして、必要以上に電動モーターのみでの走行(エンジンを回さない低速走行)を続けたり、充放電を頻繁に繰り返したりするとやはりバッテリーは劣化する。

 最近のHVでは内燃エンジンと電動モーターの使い分けやその配分が自動的に最適化されるものも多いが、アクセルの踏み方など、ドライバーの操作でもバッテリーの負担は減らせる。

 今後はさらにHVの台数が増えてくると予想される。そうしたHV全盛時代にこそ、バッテリーを含めたクルマ全体に優しい運転が求められるはずだ。

【画像ギャラリー】ハイブリッド車のバッテリーを長持ちさせるには?(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します