【人間工学で事故と疲労を減らせ】「オルガン式ペダル」の多大なメリット


 近年発売される新型車のほとんどに、クルーズコントロール機能が搭載されている、もしくはオプション選択が可能となっていますが、クルコンがいくら普及しても、完全自動運転とならない限り、アクセル操作は、運転するうえで最重要となる操作のひとつです。

 そんなアクセルペダルには、「吊り下げ式」と「オルガン式」のふたつの機構方式があり、日本では「吊り下げ方式」が広く採用されていますが、国産の一部高級車や、BMWやメルセデスベンツといった欧州車では「オルガン式」が主流です。

 高級車がこぞって採用するには、訳があるはず。「オルガン式」アクセルペダルには、どんなメリットがあるのでしょうか。元日産開発エンジニアの筆者が解説していきます。

文/ 吉川賢一
写真/編集部

【画像ギャラリー】オルガン式ペダルを採用している国産車8選


■吊り下げ式とオルガン式の違い

 ふたつのペダル方式の、大まかな特徴は次のとおりです。

◆吊り下げ式ペダル
 ステアリングホイールのシャフトの下あたりを支点として、リンク棒に装着されたペダルを、足裏の上半部で操作します。ペダルを上から吊り下げているように見える方式です。

◆オルガン式ペダル
 ペダルをフロアに取り付けた、オルガンのペダルの様に見える方式です。ペダルの下端を支点としてフロアに蝶番で固定されており、足裏全体で操作します。

■オルガン式のメリットとは?

1)アクセル操作がしやすい
 吊り下げ式であってもオルガン式であっても、アクセル操作は、踵を床につけ、踵を支点にして操作する、という基本は同じなのですが、空中の吊り下げペダルを操作するのと、床から生えているペダルを操作するのでは、操作に違いがあります。

 吊り下げ式ペダルの場合、図のようにペダルを押した時のペダルの軌跡と足裏の軌跡が異なります。そのため、支点がずれやすく、ペダルを踏み込むたびに、踵が前にずれていく、といった傾向があります。

吊り下げ式ペダルの軌跡

 対して、オルガン式の場合は、ペダルの軌跡と、足裏の軌跡が同じになるため、支点がずれることなく操作することができ、アクセルの踏み加減を調節しやすいです。

オルガン式ペダルの軌跡

 ショーファードリブンカーとして使われることのある高級車で、オルガン式アクセルペダルが採用される理由のひとつでしょう。

2)右足が疲れにくい
 アクセル操作で支点がずれにくいため、無駄な動きをしなくて済み、右足が疲れにくいです。

3)燃費にもいい
 微細なアクセルコントロールがしやすいので、一定速を維持する低燃費走行もしやすいです。

BMWと共同開発された新型スープラは、オルガン式ペダルを採用。トヨタの高級車ブランドであるレクサスも、オルガン式ペダルの採用率が高い

次ページは : ■オルガン式ペダルのデメリットは?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ