クルマの乗り心地はシートで変わる?? シートの開発裏事情とは一体? 


 シート設計は、自動車開発の中でも、最も難しいアイテムだ。

 なぜなら、運転するときには常に身体に触れていて、また、国ごとに異なる様々な体格に対応させなければならない。

 さらには、良い悪いという個人の主観的判断までもが入るためだ。とはいえ、ひとつに決めて製品に落とし込まないと商品にはならない。

 では、自動車メーカーは一体どうやって、シートの良い悪いを決めているのだろうか。あまり知られていないシート開発の裏事情を交えつつ、日産で乗り心地性能の開発をしていた筆者がご紹介する。

 文:吉川賢一、写真:トヨタ、日産、マツダ、ダイハツ、ホンダ、
ベンツ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】日本車のシートと歴史


自動車メーカーが注目するシート設計の4つのポイント

 シートの良し悪しは、当然のことながら、そのクルマの使われようによって異なる。

アルファード(Executive Lounge S )の
シート全体写真
ゆったりとした気品にあふれる空間を演出している

 サーキットを走るマシンなのか、普通乗用車なのか、高級車の後席シートなのか、ミニバンの2列目や3列目シートなのか、はたまた大型トラックなのか。

 クルマが使用される道路事情や乗員の体格によって、良く感じる部分が変わるためだ。今回は、普通乗用車を例にとって考えてみよう。

 日産開発時代に、筆者が経験したシート設計において、大まかに4つのポイントを重視した。

  • ・ホールド性(身体の保持)
  • ・サポート性(たわみ)
  • ・座り心地(柔らかさ)
  • ・乗り心地(振動遮断)

 上記の4つのポイントは、互いにトレードオフ性能となることが多いため、それらをどういった配分で目標設定をするのかが、シート設計のキモであり、シート開発担当者の大切な役割だ。

国によってシートの条件とは? 

 自動車メーカーのテストドライバーや、シート開発担当のぽうによると、良いシートの条件とは腰をしっかりとホールドするシートである。

 「ドイツ車のシートは硬い、アメ車のシートはフカフカだ」という評価をクルマ好きならば一度は聞いたことがあるだろう。硬いとフカフカという相反する表現ではあるが、どちらもその本国においては、良いシートのクルマなのだ。

 道がまっすぐで制限速度も速くないアメリカでは、フカフカなシートが当時、求められていた。例えば、キャディラックやシボレーのSUVなどが典型的だ。

ベンツAクラス
体が沈みこまなさそうなタイプのシート

 対して、超高速で長時間移動をするドイツでは身体が沈みこまないほうが、身体にストレスがたまらずに良いとされている。例えば、BMWやベンツ等がそれに当てはまる。

 しかし、座面がフカフカすぎるシートや、肩までがっちりとホールドするシート、乗降性を優先しサポートが緩いシートなど、極端なバランスに設定されたシートだと、そのクルマが使われるシチュエーションによっては、シートが悪いクルマとして判断されてしまう。

次ページは : 日本車のシートは、どう評価される? 

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ