3軒に1軒がセルフ!! 初心者必見 ガソリンスタンドでスマホ厳禁の理由

 多くのクルマ好きにとってガソリンスタンドは切っても切れぬもの。最近はセルフ式のスタンドもすっかり定着してきたが、意外にも知られていない事実も多い。

 当企画では春休み間近にしてクルマに乗り始めた若葉マークの大学生ドライバーから、運転歴数十年のベテランまで必見の「意外に知られていないガソリンスタンドの事実」をお届けします。

 ハイオク/レギュラー/軽油、それぞれの給油ノズルの色を答えられますか?

文:大音安弘/写真:ベストカー編集部


■3軒に1軒はセルフスタンドが立ち並ぶ

 我々が日常的に利用しているガソリンスタンド。その模様は、この20年で大きく様変わりした。最も大きな変化は、1998年の消防法改正により誕生したセルフ式ガソリンスタンドの存在だろう。

 登場当初は、安全面や利便性などのデメリットに注視し、利用を避けるユーザーも一定数いた。しかしながら、今や47都道府県の全てに普及。

 全国にある30747軒のガソリンスタンドのうち、9988軒がセルフ式となっている。全体のセルフ化率は、32.3%となるが、最もセルフ化率の高い神奈川県は全体の48.9%にも上る。

人件費などもありどんどん消えゆくフルサービスのガソリンスタンド。大幅にガソリンの価格を上げるわけにはいかないこともあり、洗車や車検などの副次的なサービスでセルフスタンドとの差別化を図る

 つまり、全国的に見ても3軒のうち1軒は、セルフ式なのだ(※2018年3月末データ、石油情報センター発表)。

 ガソリンスタンドの総数は、30,747軒であるが、年々減少傾向にあるのに対して、セルフ化率は、逆に年々高まる傾向にある。

 この現状を踏まえて、ガソリンスタンドによる違いや利用ルールなどを紹介したい。

■フルサービスとセルフサービスの違いは!?

 ガソリンスタンドには、前述のとおり大きく分けるとフルサービスとセルフサービスの2種類がある。

 フルサービスは、利用者の要望を店員が聞き、給油を行うもの。給油中には、窓拭きや灰皿清掃などのサービスが受けられるのがメリット。

 またガソリンの匂いが苦手という人もおり、今なお根強い人気がある。

ドライバーはエンジンを停止し、油種を伝えるだけ。あまり運転をしないドライバーからすればフルサービスのスタンドには安心感があるのも事実

 いっぽう、セルフサービスは、文字通り、給油はもちろんのこと、すべてを利用者が行う。その分、人件費が抑えられるため、価格が安いのが最大の魅力だ。

 最近のスタンドには、セルフ式とフルサービス式が両方を設置するものや窓拭きなど付属サービスを排して、店員が給油のみを行う「セミセルフ」というタイプもある。

 セルフサービスに迫る価格を提示しているところが多い。

 給油作業はお願いしたいが、価格も重視したいという欲張りなユーザーに人気だが、近隣に安価なセルフサービス式スタンドが存在するなど、ライバルスタンドとの対抗措置であることが多いようだ。

■今一度おさらいを!! ノズルの色の違いとは?

 セルフ式スタンドの給油機には、3本のノズルが備わる。これは油脂の毎にノズルが分かれているため。

 文字表記に加え、ノズルの色でも油脂が区別できるようになっており、レギュラーガソリンは「赤」。ハイオクガソリンは「黄」。軽油は「緑」となっている。

 給油の際、ノズルのレバーを引いても燃料が出ないことがあるが、これはスタンド内部に給油機の毎の燃料供給開始用の操作ボタンがあるため。

基本的に黄色「ハイオク」、赤「レギュラー」、緑「軽油」という色分けが共通で行われている。ただし並び順はまちまちなので旅先での給油時などは確実にチェックしよう

 スタンド内部の人が、給油の安全を監視カメラなどにより確認しているからである。給油中の事故を防ぐ手段となっている。

 またフルサービス式でも、油脂間違いがないように、ドアミラーに給油する油脂を表示するカバーをかけるなど対策を行い、ミスを防いでいる。

 ちなみに軽自動車に軽油を入れるとどうなるかはこちらの記事を見てほしい。

■給油をスマートにこなすためのポイント

 乗りなれないクルマでスタンドに来店した際、給油口の位置に悩んだ経験が誰にもあるはずだ。その際は、燃料計に小さな▼マークがないか確認しよう。

 このマークがあるものは、三角の頂点が指し示す側に給油口がある。日本車から始まった機能と思われるが、最近は輸入車にも多く採用されている。

 もし油種が分からない場合は、まず給油口を確認しよう。給油口の内側にステッカーに、油脂が表記されていることが多いからだ。

近年の多くのクルマは給油口の位置を燃料計付近に「▲」で示している。写真の場合は左側に給油口があることになる

 ただレギュラー仕様には、ステッカーが装着されていないものもある。不安な場合は、車検証や取扱説明書などを確認したい。

 万が一、ガソリンと軽油を間違えて給油した場合は、その場で、店員に相談を。少量だからと言っても油断してはならない。

 そのままエンジンを始動すると、故障や事故につながる危険性があるからだ。セルフ式スタンドならではの注意点も紹介したい。

 消防法により給油時間と量に制限があり、ガソリンの場合、1回4分を標準とし、数量100Lまでとなっている。

 また利用者自身での携行タンクへの給油も禁止。店員が代行してくれるセルフ式スタンドもあるので、確認してみよう。

■これだけは気を付けて!! 爆発事故を防ぐために

 給油中に注意しなくてはならないのは、「吹きこぼれ」と「火災」だ。

 給油ノズルが自動停止する仕組みは、ノズル先端にセンサーが備わっており、給油した燃料がセンサーに触れると、給油を停止する。

 このため、ノズルの差し込みが浅いと、勢いで吹きこぼれることがある。

 またノズルを奥に差し込んでいても、センサーで停止後、その状態で給油を続けると、センサーが働いても液面が上昇しているため、勢いで吹きこぼれることもある。

 このため、ストップした時点で給油を完了することがベター。ただノズルとタンクの形状などの影響で満タンにならずとも給油がストップしてしまうこともある。

 このため、事前に燃料計で、給油可能な大まかな量を確認しておくと判断し易い。予想よりも少ない量で給油が止まった場合は、ノズルの位置を微調整してみるとよい。

 ただ不安な場合は店員に相談しよう。セルフ式だからといっても、まったく手を貸してくれないことはない。

 給油の基本は、ノズルを給油口の奥まで差し込み、ノズルレバーをしっかりと引き、ストップしたら給油を止めること。

時折面倒くさいのか「静電気除去シート」に触れない人も見るが、ガソリンの引火性はかなり強く気化したガソリンにでも引火する恐れがある。ちなみにガソリンスタンドスタッフの制服や靴は静電気が帯電しない素材でできている

 ギリギリまで入れておきたい気持ちも分かるが、多くの状況で吹きこぼれのリスクとなる。火災については、給油中の喫煙など言語道断だが、車内での喫煙も控えるべきだ。

 ガソリンは、-40℃でも気化してしまうほど気化し易いため、スタンドでは常に着火の危険がある。それどころか、静電気でも着火する危険も……。

 だからこそ、給油機に静電気除去パッドが備わっている。給油前のワンタッチを心掛けたい。

 携帯電話の使用が禁止されているのも、静電気による着火を防ぐためだが、利用者に給油作業に集中してもらう安全策でもある。

 また給油時のエンジンOFFも引火や誤発進による事故防止のため。何重もの安全策によって危険なガソリンの取り扱いが安全に行われているのだ。

■多様化していくガソリンスタンドの今後

 近年のスタンドは、コンビニなどの併設やレンタカー事業、車両販売など利便性が向上されている。洗車もガソリンスタンドの自動洗車機を利用するのが、一般的となった。

 元々、ガソリンスタンドの経営は、燃料だけでは成り立ちづらく、むしろ利益率で言えば、洗車や整備などの他のサービスの方が大きい。

 ただ燃費性能の向上や環境意識の高まりから自動車の利用を控える人も増えたため、新たなビジネスチャンスを模索しているのだ。

最近のガソリンスタンドはガソリンだけを入れに来る場所から「ついでにガソリンを入れる場所」への変化が見られる。ホームセンターの敷地内にスタンドを設置したり、宅配ピザ店とのコラボレーションもある

 給油と共に、その他のサービスを利用して欲しいのが本音。このため、セルフ式スタンドでも、日中など来客が多い時間帯は常駐する店員が多く、積極的に声を掛けられることがある。

 最近では、セルフ式スタンドでも、固定ファンの獲得や売り上げ向上を狙い、空気圧チェックや窓拭きサービス、エンジンルームチェックなどのサービスを提供するところもある。

 セルフ式だから、何処も同じとは限らない。身近なスタンドにもっと注視してみると、価格だけでなく、気持ちの面でも満足させてくれるスタンドが見つかるかもしれない。

【ガソリン価格はどんどん下がっている!!】

 つい最近まで値上がりが続いていたガソリン価格。しかし最近になって値下げが始まった。2018年11月に158.7円(全国平均)だったレギュラーガソリン価格は、2019年1月15日には142.8円にまで下がった。

 緩やかに価格が下がっており、ドライブ日和の春先にはもう少し落ち着いた価格で安定しそうだ。とはいえ、世界情勢にも左右されるのもガソリン価格で……。

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ