【軽だから安い軽油?!】軽油とガソリン、入れ間違えたらどうする? どうなる?


 最近、急増中のディーゼルエンジン車ですが、燃料はガソリンではなく、軽油なのはもちろん知っていますよね? 

 でも、軽油とガソリンの入れ間違いが増えてきているそうです。なかには「軽自動車だから軽油」と勘違いし、ガソリンではなく、軽油を給油してしまう人が多いらしい。

 その原因のひとつとして、誰もが簡単に給油できるセルフ方式のガソリンスタンドが増えたせいもあるだろう。

 そこで、もしガソリンと軽油を間違えて給油してしまったらどうすればいいのか? もし気づかずに走り続けてしまったら……? 自身も誤給油の経験があるという、モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部、Adobe Stock


■軽自動車だから価格の安い軽油を入れる?!

JIS規格で間違えないように軽油、ガソリンに着色することが義務づけられている。左のグリーンが軽油。右の2つのビーカーに入っているオレンジ色がガソリン。ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの区別はつかない

 クルマのパワーユニットも、今やガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドにEVなど、様々な種類が使われ多様化してきた。そして純粋なEV以外のエンジンが搭載されているクルマは、当然ながら燃料を消費すれば給油する必要がある。

 プラグインハイブリッドで近所の買い物しか使わないユーザーでも、燃料系に同じ燃料が入ったまま長期間経過すると、燃料が劣化してトラブルの原因になるため、一定期間ごとにエンジンを始動させて燃料系統に入っている燃料を消費するようになっているから、ほとんどプラグインの充電だけで走っていても定期的に燃料を給油する必要が出てくる。

■誤給油してJAFに救援を要請した件数は1カ月で269件

新しくディーゼル車を買った人、ディーゼル車からガソリン車へ乗り換えた人、BMWやベンツなどのセダンのディーゼル車もガソリンと軽油を間違えやすい傾向にある

 それに人手不足もあって、ガソリンスタンドはセルフ方式を採用しているところが圧倒的に多くなった。そのため軽自動車のオーナーやレンタカーの利用者が間違えて軽油を入れてしまうというトラブルも頻繁に起きている。JAFが2015年12月の1カ月間に調査したところ、燃料を入れ間違えたという救援依頼が269件もあったのだ。年間でみると実に3000件にも達する。

 地元のガソリンスタンドがセルフ式に変わって、初心者や高齢者が慣れない給油作業で、間違えてあるいは勘違い(軽自動車だから軽油という思い込み)から、誤給油してしまうのだ。

 これは少量の軽油であればガソリンを満タンにして、軽油の割合を相当に薄めてしまえば問題ないことも多い。

 軽油を満タンにまで入れてしまったら、その場で抜けるのならタンクから燃料を抜ければいいのだが、下から抜かないとガソリンより比重の重い軽油は完全に抜き切れない。したがってJAFを呼ぶことが多いのだ。

次ページは : ■誤給油に気づかずに走ってしまいエンジンが不調になったら?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ