3軒に1軒がセルフ!! 初心者必見 ガソリンスタンドでスマホ厳禁の理由


■これだけは気を付けて!! 爆発事故を防ぐために

給油中に注意しなくてはならないのは、「吹きこぼれ」と「火災」だ。

給油ノズルが自動停止する仕組みは、ノズル先端にセンサーが備わっており、給油した燃料がセンサーに触れると、給油を停止する。

このため、ノズルの差し込みが浅いと、勢いで吹きこぼれることがある。

またノズルを奥に差し込んでいても、センサーで停止後、その状態で給油を続けると、センサーが働いても液面が上昇しているため、勢いで吹きこぼれることもある。

このため、ストップした時点で給油を完了することがベター。ただノズルとタンクの形状などの影響で満タンにならずとも給油がストップしてしまうこともある。

このため、事前に燃料計で、給油可能な大まかな量を確認しておくと判断し易い。予想よりも少ない量で給油が止まった場合は、ノズルの位置を微調整してみるとよい。

ただ不安な場合は店員に相談しよう。セルフ式だからといっても、まったく手を貸してくれないことはない。

給油の基本は、ノズルを給油口の奥まで差し込み、ノズルレバーをしっかりと引き、ストップしたら給油を止めること。

時折面倒くさいのか「静電気除去シート」に触れない人も見るが、ガソリンの引火性はかなり強く気化したガソリンにでも引火する恐れがある。ちなみにガソリンスタンドスタッフの制服や靴は静電気が帯電しない素材でできている

ギリギリまで入れておきたい気持ちも分かるが、多くの状況で吹きこぼれのリスクとなる。火災については、給油中の喫煙など言語道断だが、車内での喫煙も控えるべきだ。

ガソリンは、-40℃でも気化してしまうほど気化し易いため、スタンドでは常に着火の危険がある。それどころか、静電気でも着火する危険も……。

だからこそ、給油機に静電気除去パッドが備わっている。給油前のワンタッチを心掛けたい。

携帯電話の使用が禁止されているのも、静電気による着火を防ぐためだが、利用者に給油作業に集中してもらう安全策でもある。

また給油時のエンジンOFFも引火や誤発進による事故防止のため。何重もの安全策によって危険なガソリンの取り扱いが安全に行われているのだ。

■多様化していくガソリンスタンドの今後

近年のスタンドは、コンビニなどの併設やレンタカー事業、車両販売など利便性が向上されている。洗車もガソリンスタンドの自動洗車機を利用するのが、一般的となった。

元々、ガソリンスタンドの経営は、燃料だけでは成り立ちづらく、むしろ利益率で言えば、洗車や整備などの他のサービスの方が大きい。

ただ燃費性能の向上や環境意識の高まりから自動車の利用を控える人も増えたため、新たなビジネスチャンスを模索しているのだ。

最近のガソリンスタンドはガソリンだけを入れに来る場所から「ついでにガソリンを入れる場所」への変化が見られる。ホームセンターの敷地内にスタンドを設置したり、宅配ピザ店とのコラボレーションもある

給油と共に、その他のサービスを利用して欲しいのが本音。このため、セルフ式スタンドでも、日中など来客が多い時間帯は常駐する店員が多く、積極的に声を掛けられることがある。

最近では、セルフ式スタンドでも、固定ファンの獲得や売り上げ向上を狙い、空気圧チェックや窓拭きサービス、エンジンルームチェックなどのサービスを提供するところもある。

セルフ式だから、何処も同じとは限らない。身近なスタンドにもっと注視してみると、価格だけでなく、気持ちの面でも満足させてくれるスタンドが見つかるかもしれない。

【ガソリン価格はどんどん下がっている!!】

つい最近まで値上がりが続いていたガソリン価格。しかし最近になって値下げが始まった。2018年11月に158.7円(全国平均)だったレギュラーガソリン価格は、2019年1月15日には142.8円にまで下がった。

緩やかに価格が下がっており、ドライブ日和の春先にはもう少し落ち着いた価格で安定しそうだ。とはいえ、世界情勢にも左右されるのもガソリン価格で……。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ