ロッキー&ライズ超辛口新車情報!! コンパクトSUVの王座を狙え!!

 ダイハツが開発し、トヨタにOEM供給される新型コンパクトSUV、ダイハツロッキー&トヨタライズ。東京モーターショーでプロトタイプが初公開となり、2019年11月5日に発売が開始された。

 前評判が高く、試乗を待ち焦がれていたが、ようやくロッキー&ライズを同時に試乗する機会を得ることができた。

 ロッキーは、新型DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第一弾「タント」の基本設計をベースに、5ナンバーサイズのコンパクトSUVへとサイズアップ。

 広い空間と大容量ラゲッジに加え、17インチの大径タイヤを採用し、力強いデザインを実現。

 さらには、主要グレードが200万円前後という「良品廉価」もあり、大人気となる予兆を感じさせてくれるクルマだ。

 さて、そんなロッキー&ライズを、元日産の新車開発エンジニアでモータージャーナリストの吉川賢一氏はどんな評価をくだすのか?

※本企画は、本文&写真のほか、動画もご覧ください。

文/自動車ジャーナリスト・吉川賢一
写真撮影・動画/エムスリープロダクション鈴木祐子

【画像ギャラリー】どこが違う? ダイハツロッキー&ライズの詳細写真

連載第2回【マツダ3超辛口新車試乗】今年最大の注目車の強みと弱み

連載第1回【日産GT-R超辛口新車試乗】もうやり切ったか!?? 世界最高を目指すGT-Rの旅路の行方

↓ロッキー&ライズの試乗動画はこちら!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ