【日産GT-R超辛口新車試乗】もうやり切ったか!?? 世界最高を目指すGT-Rの旅路の行方


 2019年4月17日、日産はGT-Rの2020年モデルを発表、6月から発売を開始しました。

 すでにデビューから12年も経ちました。これまで熟成が重ねてきましたが、やり残したところはないのでしょうか? それともやり切ったのでしょうか?

 そこで、元日産開発技術者の吉川賢一氏が、GT-R2020年モデルを試乗し、各部を徹底チェック! 元開発技術者ならではの視点で、GT-R2020年モデルを見ていきます。

 日産自動車は、吉川氏にとっては古巣ではありますが、一切忖度なしの厳しい評価をくだす!

 本企画は、下記の本文&写真のほか、動画でも紹介していますのでお楽しみください。

文/吉川賢一
動画・写真/エムスリープロダクション鈴木祐子


元日産開発技術者が忖度なしで評価!

GT-R2020年モデルはもうやり切ったのか、やり残したところがないのか、元日産開発技術者の吉川賢一氏が徹底チェック

 12年目となった「R35型GT-R」の「2020年モデル」が2019年6月にデビューしました。昨今は「GT-R NISMO」のほうが話題性が大きいのですが、そこはやはり基準となるレギュラーモデルのほうが重要ということで「GT-R2020年モデル」を試乗しました。

 実は筆者は、3年前まで日産社員。車両開発のエンジニアとして、操縦安定性と乗り心地の性能設計をしていました。

 しかも担当は、スカイラインなどのFR車で、GT-Rは担当ではなかったものの、間近でGT-Rの開発を見ていました。そんな私に今回、GT-Rの試乗レポートの機会をいただき、古巣に戻ることができたようで感無量です。

 おそらくこのGT-Rを作ったであろう方々の顔がちらつきますが、本記事では「GT-Rは2020モデルでやり切ったのか?」を忖度なしで評価します。そして、未来の「GT-R」像についても考察していきます。

■GT-Rの価格とラインアップ
GT-R Premium edition/1210万5720円
GT-R Black edition/1253万9880円
GT-R Pure edition/1063万1520円

1/GT-R 2020年モデルの改良箇所は?

ワンガンブルーは青色の透明ベースに光干渉顔料を追加することで、ベイエリアなどでの日没の余韻を感じさせるミステリアスな色の変化が楽しめるという

 2020年モデルのエクステリアの変更点は、ボディカラーの「ワンガンブルー」。見るからに「R34スカイラインGT-R」をオマージュしており、信号待ちや街中など、どこを走っていても、道行く人の視線を感じます。

 また、マフラーエンドにはブルーのヒートグラデーションを与えたチタンフィニッシャーを採用。リアの見た目を引き締めるのに貢献しています。インテリアには専用色の「ミディアムグレー」を設定しました。

 GT-Rの持つ「黒&本革&カーボン柄」といった武骨すぎる印象や「エゴイスト仕様」のようなキワモノの臭いは感じられず、現代風の「シュッ」としたスマートなインテリアとなっています。

 視界移動が少なくすむ最適な高さのモニターや、直視せずに操作可能なスイッチ類のデザインは「2017年モデル」と変わっていませんので、色味の違いでこれほどに「GT-R」の男臭い印象が抜けたのは大きな驚きでした。

試乗車のプレミアムエディションには高級に仕立てるファッショナブルインテリアが装着されていた(54万円のオプション) 。素材はブラッシュアップしたがメーター、ディスプレイ、インパネなどの造形が7~8年前のデザイン水準
セミアニリン本革シートは座り心地、ホールド性ともに良好

次ページは : 2/走りはどう変わったのか?