【真打ちSKYACTIV-Xは「オタク向け」!??】マツダ3 どれを買うのが一番か!??


 ついに、ようやく、マツダ3の“真打ち”SKYACTIV-X搭載車に試乗。画期的なエンジンの評価や如何に!?

 マツダの新世代商品群第一弾として、「マツダ3」が発売されたのは2019年5月のこと。そして12月5日、ついに期待の新エンジン「SKYACTIV-X」搭載車が追加発売された。

 マツダ自身が「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのメリットを兼ね備えた」と豪語するSKYACTIV-Xは、世界初の技術も搭載する、まさに真打ちといった位置づけのエンジン。

 そのぶん価格も通常の2Lガソリンエンジン比で約60万円高となるが、果たしてその実力は? 自動車評論家の清水草一氏がレポートする。

文:清水草一
写真:池之平昌信
ベストカー 2020年1月10日号

【画像ギャラリー】真打ち登場!! マツダ3 SKYACTIV-Xとその長所を図解


一番興奮する“地味に良い加速”とは?

「地味にいい」、「フツーにいい」。SKYACTIV-Xを例えたそんな表現の真髄は、その加速感にある!?

 ズバリ、「地味にいい」。あるいは「フツーにいい」。そんな感じでした!

 地味&フツーにいいってのは、スペックを見るだけでもわかる。燃費の改善率は2割くらいで、最高出力180ps、最大トルク22.8kgm。2LのNAエンジンとしては、そこそこパワフル&効率的というレベルだ。

 いや、トルクは数字以上のものを感じました。一番気持ちよかったのは2000~3000回転あたりの中間加速だ。普通に巡行してる状態からアクセルを軽く踏み込んだだけで、レスポンスよく「グググッ」と加速してくれる。この領域での加速感は少しディーゼルっぽい。

 なにせSKYACTIV-Xは、世界で初めてディーゼルと同じ圧縮着火を実現したガソリンエンジン。低い回転域でのトルク感が、ディーゼルエンジンっぽいのもなんとなく納得できるっしょ?

 それでいて、ガソリンエンジンらしく、高い回転までキレイに吹き上がる。高回転域での伸び感は、まさにスポーティなNAエンジンだ!

 ただ、基本的にはフラットトルクでパワーもそこそこなので、コーフンさせるような感覚は薄い。一番興奮するのは、前述の2000〜3000回転あたりの地味な加速でした。なので、全体の印象が「地味&フツーにいい」というものになるのです。

地味で普通な良さは「善」である

地味というのは、逆に言えば目立たないほど自然なこと。それがこの画期的なエンジンのドライバビリティを物語る良さといえるかもしれない

 この地味でフツーなよさ、間違いなく「善」ではある。メカ解説を聞けば聞くほど、死ぬほど複雑かつ困難な技術的課題を乗り越えて実現させたんだと納得させられる。お値段がフツーの2Lガソリンより68万円高いのも仕方がない。

 でも、それで得られる性能を考えると、ちょっと68万円プラスは合わない。これが20万円プラスくらいだったら、お買い得なんだけど。

 今回は6ATと6MT、両方乗れたけれど、どっちがいいかは好みの問題ですね。なにせフラットトルクなので、どっちとの相性もイイ。MTのほうが特段楽しいということはなかったです。

次ページは : マツダ3 買うならディーゼルorガソリン、それとも本命「X」?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ