トヨタ 新型グランエースは究極のVIPカーなのか!? オラオラ度はアルファードより上?

  2019年12月に発売された、大型多人数乗車ミニバン、グランエース。トヨタが明らかにした初期受注台数は2020年1月末までの約1カ月間で950台。年間の販売計画台数(600台)を上回るペースとなっている。

 登録台数は2019年12月が40台、2020年1月が101台と、一見売れていないように見えるが、年間計画販売台数の600台からすると、順調のように見える。

 さて、そんなグランエースだが、はたしてどんなクルマなのか? 今回は2列目、3列目が超VIPシートの6人乗り仕様、そして4列8人乗り仕様をモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底チェック!

文/渡辺陽一郎
写真/平野学 TOYOTA
初出/ベストカー2020年3月10日号

【画像ギャラリー】アルファードオーナーはグランエースを選ぶか? グランエースvsアルファード・サイズ比較


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ