新型ベンツS 長っ!! 全長5.4m!? 2253万円の世界は何が凄い?


 9月8日、2014年に登場したマイバッハSクラスの新型が発表!! 2013年登場のSクラスも同様に大規模マイチェンを受けた新型が8月に発表された。

 ともに全長5m&お値段1000万円超、マイバッハに至っては全長5.4m、価格2253万円だ。当サイトが主戦場とする車の10倍はしようかという価格の車は、いったいどこが凄いのか!?

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学


新型の大きな変更点は3つ

 Sクラス/マイバッハといえば、今や絶滅危惧と言っていいV12エンジンを頂点に、V8エンジンなどをラインアップするベンツの“顔”。

 今回のマイチェンでは、そのエンジンも大幅刷新! 大きな変更点はその『エンジン』に加え、『見た目』と『安全』の3つだ。

■エンジン

・新たに3L、V6ターボエンジン投入(S400)。

4.7L、V8ターボを廃止し、AMG-GTベースの4L、V8ターボエンジン投入(S560ロング、マイバッハS560)。

・S63 AMGロングは5.5L、V8ターボ廃止で4L、V8ターボ搭載。

・マイバッハの頂点S650用6L、V12ターボも大幅パワーアップ。

 このように、ほぼすべてのエンジンが変わっている。なかでも注目はS560ロング等に搭載されるAMG-GTベースの4L、V8ターボ。

 先代の4.7L、V8ターボ(455ps/71.3kgm)から排気量ダウンしているにも関わらず、出力とトルクは469ps/71.4kgmとむしろパワーアップしている。これはS63 AMGロングも同様。

 EVなんてどこ吹く風の大排気量・マルチシリンダーエンジンが楽しめるのも、Sクラス/マイバッハならではだろう。

S560にはAMG-GTベースの4L、V8ターボエンジンを新搭載

■デザイン

 ベンツの顔、新型Sクラスは文字どおり“顔”=フロントマスクも刷新。これまでV12エンジン搭載車とマイバッハ専用だったフロントグリルを、全グレードに搭載することで、さらに迫力満点の顔つきに。

全モデルで3本ツインルーバーのラジエーターグリルを採用。バンパーも新デザインに

■安全技術

 追従型クルーズコントロール(ディストロニック)には、自動再発進機能もつき、渋滞時に車が停まっても、30秒以内ならアクセル踏まずに、自動発進が可能に! また、ステアリングアシストも進化している。

2000万円超のリアシートはどれだけ快適なのか?

 この2000万円超の車にどんな魅力があるのか? 車両価格約250万円の車を所有する筆者にとっては、ざっくり8倍の車である。

 そして、この車の所有者が座り、最も真価が問われるのは、運転席ではなくリアシート。まずはその漆黒の長大なボディの後席に身を委ねることにした。

 実際にマイバッハのシートに掛けると、足を投げ出せるくらい広い。でもそれ上に快適さが異次元すぎる!!

 例えば、ヘッドレストはテンピュールの枕のようにフカフカだし、徐にウィンドウを閉じると、スッと吸い込まれるようにピタリと窓が閉じる。大衆的な車にありがちな「ウィーン、ガシャ」という窓の閉まり音とはまるで違う。

 そして、室内には事前に選んだ最高級アロマ(1万2960円)のフルーティな香りが漂う。

 軽でLクラスセダン並みに広いダイハツ タントも凄いけれど、10倍以上高いマイバッハの“広さだけではない快適さ”はたしかに圧倒的だった。

広い室内空間を誇るマイバッハのリアシート。膝元にはオットマンも付き、ヘッドレストは柔らかいクッション付き

次ページは : 『常時車線中央をキープ』進化した追従クルコンの出来は?