新型N-ONEの変わったけど変わらぬ魅力 走って楽しい6速MTが追加


 ホンダは、フルモデルチェンジをした新型の軽自動車「N-ONE」を、11月20日より発売開始した。

 2012年に発売された初代N-ONEは、ハイトワゴンながら全高が低く、レトロで可愛らしい雰囲気で、ファンからは根強い人気があるモデルだ。

 Nシリーズのなかでもクルマ好きの心をくすぐる「異端児」的な立ち位置を担うN-ONEは、ナンバー付きのワンメイクレース「N-ONEオーナーズカップ」が2014年から毎年開始されるほど、スポーティな面も持ち合わせている。

 今回のフルモデルチェンジでマニュアルトランスミッションのグレードが追加されたことも、ファンにとっては嬉しいところであろう。

 幸運にも新型N-ONEのステアリングを握ることができたので、興奮冷めやらぬうちに、新型N-ONEの魅力を存分にお伝えしたいと思う。

文/吉川賢一、写真/池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型N-ONEを初代やN360とじっくり見比べてみよう!(33枚)


■「タイムレスデザイン」こそがN-ONEの個性

新型N-ONE-Original、カラーはフレームレッド。バンパー下部を踏ん張りのある造形とし、堀の深いヘッドライトを配することで、先代よりも走りのイメージが増している
こちらは初代N-ONE。エクステリアデザインに大きな変更はなく、新型ではヘッドライトとグリル、バンパーの造形が変更されている

 エクステリアデザインは、初代と見比べないと分からないほど、キープコンセプトで、細部のみを修正したような印象だ。

 LEDのデイタイムランニングランプを採用し、リアのコンビランプもフルLED化するなど、よく見れば変化はしているが、ホンダが提唱する「タイムレスデザイン」を、実直に遂行した結果、と思えばよくできている。

新型N-ONE-Originalのリアスタイリング。ボディカラーは新色のフレームレッド
初代N-ONEのリアスタイリング。リアコンビランプやバンパーのデザインが異なる

  ベースグレードのホイールカバーのデザインも、N-BOXスラッシュに採用されていた、センター部とリム部に分かれたパターンを採用し、N-ONEの世界観を独特なものにしている。

 RSグレードでは、フォグランプ周りがより引き締まり、ブラック基調のアルミホイールも相まって、スポーティな印象が増している。

ホイールカバーのデザインも、Nスラッシュに採用していたセンター部とリム部に分かれたパターンを採用し、N-ONEの世界観を独特なものに引き上げている

 N-WGNのようなハイテクデザインとは方向性を分け、N-ONEはデザインを変えずにプラットフォームを一新、先進技術を搭載して、走行性能と安全性能を飛躍的に進化させてきた。ホンダはN-ONEの良い立ち位置を見つけたと思う。

■断捨離に成功したインテリア

新型N-ONEのメーターの端から助手席まで伸びたインパネのデザインは、断捨離が効いて非常にすっきりとした印象がある。スイッチの操作性も、先代と変わらずやりやすいレイアウト
初代N-ONE 3連メーターやナビモニター、インパネの集中スイッチなど、もともと使い勝手に優れるレイアウトをしていた

 インテリアも、新旧N-ONEを見比べれば、相当すっきりとしている。インパネ上にあった造形物をそぎ落とし、潔いまでにシンプルに仕上げてきた。

 ナビモニターがインパネ最上段へと移動したことで視線移動の距離が小さくなり、なおかつ大型化したことで、運転時の確認がしやすくなった。

 ちなみに、メーター部分の衝立は、メーターへの光の映り込みを防ぐためにつけているとのこと。完璧な断捨離を目指すならば、衝立は無いに越したことはないが、運転する上では、気になることはなかった。

次ページは : ■軽快なCVT!! 荒々しさがかえって楽しい6速MT!!