マツダ新型CX-8 走りのプレミアムSUV、真髄は3列目にあり!?

 2017年9月14日に発表され、同年12月14日に発売されたマツダの新型SUV「CX-8」。これまで日本市場ではあまりヒット車を生み出せていない「3列シート仕様のプレミアムSUV」というジャンルに所属しており、「どれくらい売れるのか」と思われていたが、2018年1月19日にマツダは「発売後1カ月で受注台数が12000台を超えた。これは計画販売台数(1200台)の10倍超」と発表。
 CX-8、売れてます。
 どこがよいのか。どうよいのか。自動車ジャーナリストでありレーシングドライバーでもある松田秀士氏にじっくり語っていただきました。
文:松田秀士 写真:平野学
ベストカー2018年1月26日号「この冬の見逃せない新車特集」より


■小さいものを伸ばしたのでなく、大きいものを縮めた

 2017年2月のCX-5フルモデルチェンジで「フェーズ2」へと進化したマツダの新車群。その裏でMPVやプレマシー、ビアンテが姿を消している。

 北米や中国市場ではミニバンよりも3列シートSUVの人気が上昇中でもあることから、3列シートSUVの投入はマツダにとって重要課題。

 もともと北米ではCX-8より大きな「CX-9」(日本市場では未販売)が販売されていて、人気は上々。ボクも昨年WCOTY(世界カー・オブ・ザ・イヤー)試乗会でL.Aを走り回った。その時の印象は、乗り心地とハンドリングのバランスのよさ。2列目、3列目シートの居住性のよさだった。

 一見、CX-5のボディを伸ばして3列シートモデルを作った。と、思うかもしれないが、CX-8はCX-9のプラットフォームを採用していて、サスペンションアーム類はCX-9のモノを短くしてセットしている。5人乗りのCX-5よりも6~7人乗りを考慮して、より剛性の高いサスペンションとしているのだ。

 車幅はCX-5と同じ1840mmとしているので、外から見る大きさのわりには運転はしやすく、Aピラー周りの側方視界もドアミラーをボディマウントとしているので良好。駐車時などは360度モニターによって安心させてくれるので大きさをあまり感じさせない。

 ただし、ディスプレイモニターのサイズがほかのマツダ車と共通なので、いまどきのクルマのわりには小さい。

■3列目と運転席で普通に会話ができる凄さ

 先進安全技術のi-ACTIVSENSE(アイ-アクティブセンス)はさらに進化していて、個人的に重要視している運転支援のアダプティブクルーズコントロールとレーンキープアシストの性能はBMW5シリーズに近い制御だ。マツダはこの部分をなぜもっとアピールしないのか不思議だ。

 2列目シートはセパレートした2座のキャプテンシートと3座のベンチタイプが選べる。3列目シートは座面が厚く、最高級グレードではナッパレザーによって座面の感触がとてもよく、大柄な人では体育座りは致し方ないところだが、かなりくつろげる。

 この点は、たとえば今回比較試乗したトヨタのランドクルーザープラドと比べて、乗降性も居住性もかなりいい。ただし、プラドは3列目左右席がセパレートしているので、折り畳み時のラゲッジスペース自由度を優先している設計だ。

 CX-8の凄いところは3列目シートでもドライバーとふつうの声で会話ができるところ。驚くほど静か、というワケでもないのに、人の声レベルの周波数帯がしっかり通るよう静粛性にこだわっているのだ。

 最後にボクの得意分野、走りの話だ。2.2Lディーゼルエンジンはさらに改良が加えられ+15ps/30Nmアップ。音振がよくなり、また低速域からスムーズにトルクを発揮する。重量もCX-5比で重いが、多人数乗車をもしっかりこなす力感がある。

 ハンドリング面ではボディの剛性感が高く、G-ベクタリングコントロールもより効果的にセットされ直している。フロントにリバウンドスプリングを採用して高横G時にはロールを抑えているが、それ以外ではしなやかなストローク感だ。

 CX-5を狙っている皆さん、決める前に一度はこのCX-8を試乗してみるべきかもしれない。

【主要諸元】CX-8 MD Lパッケージ 全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mm、車重1900kg、エンジン形式 直列4気筒2.2Lクリーンディーゼル、最高出力190ps、最大トルク45.9kgm、JC08モード燃費17.0km/L、価格419万400円

最新号

ベストカー最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール ベストカー9月10日号

 自動車総合誌「ベストカー」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ