その走り鼻血ブー!! マツダ新型ロードスターRFの中身が大進化だ!! 

 2Lエンジンを搭載し、バリオルーフを搭載するマツダ ロードスターRF。なんとパワーが26psアップの184psへ進化。スペックだけ見るとすごく楽しそう!!

 外観は変化なしでもエンジンの出力アップ、1100kgの車重とあいまって大きなマイナーチェンジになったようだ。RFを崇めるという清水草一氏はどう評価したのだろうか!?

文:清水草一/写真:池之平昌信
ベストカー2018年7月10日号


■ガサツさが解消!! 最高回転数も6800rpm→7500rpmに

 NDこと4代目ロードスターは稀代の傑作。ただしこの絶賛は、主にソフトトップモデルに対するもので、バリオルーフのRFは魅力的だが微妙に邪道とみなされていた。

 原因は、車重が約100㎏重いことと、RFに積まれた2Lエンジンのフィールが、1.5Lに比べると少しガサツな点にあった。素のロードスターがあまりにもピュアな美少女なので、相対的にRFが大味に感じたのです。

 これはクルマ好きの間では共通の認識といえる。NCはRHT(リトラクタブル・ハード・トップ)登場後、そっちのほうが売れていたが、NDは現在も6:4くらいでソフトトップが優勢だという。エライ!!

  だからというわけではなかろうが、マツダは今回、RFに大幅な改良を加えた。最大のポイントは2Lエンジンの改良だ。最高出力を従来の158馬力から184馬力にアップ!

26psアップのエンジン。シリンダーヘッドやピストンなどの見直しをしている
26psアップのエンジン。シリンダーヘッドやピストンなどの見直しをしている

 最高回転数も6800rpmから7500rpmになり、それでいて低速トルクを太らせ、燃費までちょびっと改善しているというから凄い。ぶっちゃけ、2LNAで184馬力という数字は、大した高回転高出力型だ。アッパレであります。

 乗った感じはというと、高回転域の伸びがまるで違う。なにせ最高回転数が700rpmも上がったんだから当然だが、以前は6000rpm以上回すと少し苦しそうになった印象だった。

内装色も「スポーツタン」とよばれるタンを追加。欧州スポーツのような雰囲気ムンムン
内装色も「スポーツタン」とよばれるタンを追加。欧州スポーツのような雰囲気ムンムン。テレスコピックがロードスターで初搭載され幅広い体系のユーザーに対応している

 しかし新しいRFはここぞとばかりにトップエンドの7500rpmまで突き抜ける! その時のパワー感もかなりのもので、これまでのロードスターにはなかった絶対的な速さのヨロコビがある。

 繰り返すが、184馬力ですから。車重はMTで1100㎏。これが速くないわけなかろうて。

■「悪魔のZ」とでも呼びたい新型RF

 RFのフォルムは、もともと初代フェアレディZに近いクラシカルな美しさがあったが、これだけパワーがあると、『湾岸ミッドナイト』に登場する”悪魔のZ”の雰囲気すら出てくるじゃないか。

 うおおおお。鼻血ブー。

 ただ、違いが明確なのは6000rpmから上で、そこまではそんなに変わりません。つまりフツーに乗ってれば、差はあんまりわかんない。

 あくまでブチ回した時のパワーやフィールに差が出るのみなので、すでにRFをお持ちの方も、そんなにガックリすることはないです。

 付け加えると、サウンドはマイチェン前のRFのほうがイイ。改良後のRFは、1・5との差別化もあって、軽快な音よりも力強い低音を目指したとのこと。欧米人はスポーティな低音が好きという事情もあるでしょう。

走りは軽快そのもの!! でもサウンドはMC前がよかったと清水氏はいう
走りは軽快そのもの!! でもサウンドはMC前がよかったと清水氏はいう

 が、サウンドフェチの私が聞く限り、MC(マイナーチェンジ)前のほうが、中回転域までいろんな周波数音のシンフォニーが美しい。対する新型は音が単調!

 6000rpmを超えるとシンフォニーになるけれど、そこまで回すことって滅多にないべ?つまり、フィールもパワーも、ブチ回せば断然新型がイイが、日常的に快感が味わえるのはむしろMC前のほうなのだ。

 どっちを取るべきか迷いますなぁ。

 そのほか今回のMCでは、ステアリングにテレスコピック機能が追加され、さらにポジションが取りやすくなった。加えてロードスター全車に自動ブレーキ(i-ACTIVSENSE)が標準装備!

 もちろんMTモデルもでごわす。私のような中高年にとってこれはうれしい。相変わらずマツダは手を抜かないネ! パーフェクトを目指すこの姿勢、宗教の域であります。脱帽。

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ