アルファードも真っ青のド迫力!! キャデラックが誇る1000万SUV「エスカレード」の魅力

アルファードも真っ青のド迫力!!  キャデラックが誇る1000万SUV「エスカレード」の魅力

 トヨタはカローラクロスを追加し、SUV全9モデルをラインナップ。ラグジュアリーブランドのランボルギーニやロールスロイスでは、ウルス、カリナンを設定するなどSUVが世界的なブームとなっている。

 SUVのルーツには諸説あるが、アメリカでピックアップトラックをベースにし、シェルとよばれる屋根を荷台に載せたモデルのことを指す。そして1980年代に登場したジープグランドチェロキーがこのカテゴリーを確立したといえる。

 最近のSUVブームは欧州のラグジュアリーブランドが中心となりつつあったが、パイオニアであるアメリカンブランドからキング・オブ・SUVに相応しいモデルが導入された。それがキャデラック エスカレードである。

 2020年11月に発表された5代目となる現行型キャデラック エスカレードに試乗することができたので、インプレッションを紹介しよう。

文・写真/萩原文博

【画像ギャラリー】本文未掲載写真多数!! 価格もサイズもビックなキャデラック「エスカレード」の内外装をチェック(28枚)画像ギャラリー

1000万円越えのSUV「キャデラック エスカレード」とは?

2020年11月13日に発売された5代目エスカレード(全長5400×全幅2065×全高1930mm/ホイールベース3060mm)
2020年11月13日に発売された5代目エスカレード(全長5400×全幅2065×全高1930mm/ホイールベース3060mm)

 キャデラック エスカレードは1999年に初代モデルが登場。2007年登場の3代目モデルから日本市場に正規輸入が開始された。2015年に導入された4代目エスカレードは、ADASと呼ばれる運転支援システムやコネクティング機能が強化され、一気にモダン化した。そして、2020年11月に5代目となる現行モデルが登場した。

 現行型エスカレードのグレード構成は車両本体価格1490万円のプラチナムと、1520万円のスポーツの2種類。ラグジュアリー系のプラチナムは、ホリゾンタルバーを配したガルバノグリルを採用。いっぽうのスポーツはブラックメッシュグリルやブラックトリムを採用し、スポーティな外観が特徴で左ハンドルのみとなる。

 現行型エスカレードのボディサイズは全長5400mm×全幅2065mm×全高1930mm。この数字は現在、日本に正規輸入されているSUVのなかで、最も大きなロールスロイスカリナンより全長60mm、全幅65mm、全高95mm大きく、まさにキング・オブ・SUVにふさわしい圧倒的な存在感を誇るビッグサイズとなっている。

 エスカレードの外観デザインは、スリムでスマートな新型ホリゾンタルヘッドライトを採用。薄型のヘッドライトによって、よりフロントグリルの大きさが強調されている。さらに、フロントバンパーの両端には垂直方向のデイライト&ウインカーを内蔵。これによりワイドにそしてフロントマスクの迫力を増す効果を生んでいる。リアに採用した垂直方向を強調したテールランプにより、キャデラックのDNAを継承。こういったライトにはLEDが採用されている。

3つのモニターで構成される大型ディスプレイと幅広なセンターコンソールが目を引くインテリア
3つのモニターで構成される大型ディスプレイと幅広なセンターコンソールが目を引くインテリア

 インテリアは、自動車業界で初めて「湾曲型OLEDディスプレイ」を採用。対角線の長さが38インチ超の大型ディスプレイを備えて、現在生産されている車載用ディスプレイの中で最大の色域となっている。ディスプレイを覆うフードがないのは、鮮やかな色と画質を特徴とするOLEDは明るく乱反射のない環境をつくれるからだ。

 室内空間は先代モデルと比べて、全長は+187mm、ホイールベースは+121mm、そしてキャビン&ラゲッジスペースが拡大された。特に3列目のレッグスペースは40%も大きくなり、快適な着座姿勢を実現。

 さらに、居住空間が広がっただけでなく2列目及び3列シートへのアクセスも先代モデルよりスムーズにおこなえるようになっている。ラゲッジ容量は7人が乗車した状態で722L。3列目シートを畳むと2065Lまで拡大。

次ページは : V型8気筒OHVエンジン搭載&先進安全装備を充実

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号