キャデラック新型EV発表!!「リリック」とは一体何者か?

キャデラック新型EV発表!!「リリック」とは一体何者か?

 米国GM傘下のブランド「キャデラック」は2021年4月22日、ラージサイズのSUV型電気自動車(EV)『LYRIQ(リリック)』を世界初公開した。9月から全米で受注予約を開始し、2022年前半から販売を開始する予定だという。

 日本でも販路を持つキャデラックとあって、日本導入の可能性も高いモデルだと考えられる。この『リリック』とはどういったモデルなのか? また今後キャデラックはどのような電動化戦略を考えているのか? 車両の紹介をしつつ、解説していきたい。

文/桃田健史
写真/GM

【画像ギャラリー】GMがEV市場に本格参入!新型EVキャデラック「リリック」発表で反撃開始だ!!


■GMは旗艦ブランドであるキャデラックよりEVを発表!!

 GM(ゼネラルモーターズ)傘下のブランドとして最上級に位置するキャデラックが、ついにEVへ参入した。

 EV第一弾となる『リリック』が2021年4月22日、オンライン形式で世界初公開された。北米では2022年前半に2023イヤーモデルとして発売される。

発表された『リリック』。キャデラック初のEVは、キャデラックとしてのアイデンティティを持ちつつ、EVならではの新しさを取り入れた洗練されたデザインとなっている
発表された『リリック』。キャデラック初のEVは、キャデラックとしてのアイデンティティを持ちつつ、EVならではの新しさを取り入れた洗練されたデザインとなっている

 クロスオーバーSUVに属するリリックは、デザインテイストとして「XT4」「XT5」「XT6」そして「エスカレード」へと続くキャデラックSUVとの共通項を持ちながらも、いわゆるアーバンコンテンポラリーな雰囲気を目いっぱい表現している。車内では33インチの超大型ディスプレイが目を引く。

 クルマの中身がEVであれ何であれ、こうした大胆な内外装デザインに惚れ込んで購入を即決する富裕層がいても不思議ではない。

 プレミアムEVといえば、いまやテスラの独壇場となっているだけに、GMお墨付きの本格的EV登場を喜ぶ販売店やユーザーは日本を含めて世界各国に大勢いるだろう。

車内は33インチ! のメーター一体型の大型ディスプレイが目を引く。価格もテスラや日産アリアといったライバルに対して十分な競争力を持つ価格となる模様
車内は33インチ! のメーター一体型の大型ディスプレイが目を引く。価格もテスラや日産アリアといったライバルに対して十分な競争力を持つ価格となる模様

 驚くのはその価格で、北米仕様は5万8795ドル(1ドル109円換算で641万円)とテスラモデルXの北米価格に比べてもかなりリーズナブルな設定である。ライバルとしては、日産が2021年秋に発売する「アリア」も視野に入ってきそうだ。

 それにしても、なぜこのタイミングでキャデラックEV登場なのだろうか?

次ページは : ■意外にもGMのEV投入は早かったが、様子見する間に出遅れてしまった

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!