黒船EV襲来が確定!? キャデラックが新型EV「リリック」とは一体何者か!!?


 米国GM傘下のブランド「キャデラック」は2021年4月22日、ラージサイズのSUV型電気自動車(EV)『LYRIQ(リリック)』を世界初公開した。9月から全米で受注予約を開始し、2022年前半から販売を開始する予定だという。

 日本でも販路を持つキャデラックとあって、日本導入の可能性も高いモデルだと考えられる。この『リリック』とはどういったモデルなのか? また今後キャデラックはどのような電動化戦略を考えているのか? 車両の紹介をしつつ、解説していきたい。

文/桃田健史
写真/GM

【画像ギャラリー】GMがEV市場に本格参入!新型EVキャデラック「リリック」発表で反撃開始だ!!


■GMは旗艦ブランドであるキャデラックよりEVを発表!!

 GM(ゼネラルモーターズ)傘下のブランドとして最上級に位置するキャデラックが、ついにEVへ参入した。

 EV第一弾となる『リリック』が2021年4月22日、オンライン形式で世界初公開された。北米では2022年前半に2023イヤーモデルとして発売される。

発表された『リリック』。キャデラック初のEVは、キャデラックとしてのアイデンティティを持ちつつ、EVならではの新しさを取り入れた洗練されたデザインとなっている

 クロスオーバーSUVに属するリリックは、デザインテイストとして「XT4」「XT5」「XT6」そして「エスカレード」へと続くキャデラックSUVとの共通項を持ちながらも、いわゆるアーバンコンテンポラリーな雰囲気を目いっぱい表現している。車内では33インチの超大型ディスプレイが目を引く。

 クルマの中身がEVであれ何であれ、こうした大胆な内外装デザインに惚れ込んで購入を即決する富裕層がいても不思議ではない。

 プレミアムEVといえば、いまやテスラの独壇場となっているだけに、GMお墨付きの本格的EV登場を喜ぶ販売店やユーザーは日本を含めて世界各国に大勢いるだろう。

車内は33インチ! のメーター一体型の大型ディスプレイが目を引く。価格もテスラや日産アリアといったライバルに対して十分な競争力を持つ価格となる模様

 驚くのはその価格で、北米仕様は5万8795ドル(1ドル109円換算で641万円)とテスラモデルXの北米価格に比べてもかなりリーズナブルな設定である。ライバルとしては、日産が2021年秋に発売する「アリア」も視野に入ってきそうだ。

 それにしても、なぜこのタイミングでキャデラックEV登場なのだろうか?

■意外にもGMのEV投入は早かったが、様子見する間に出遅れてしまった

 まずは、GMの量産型EVの歴史を振り返っておきたい。

 「EVは規制ありき」、というイメージが長年に渡り、自動車産業界の中に根付いた。その筆頭は、1990年に施行された米カリフォルニア州環境局によるZEV(ゼロエミッションヴィークル)規制法だ。

 筆者は1980年代からアメリカでレース活動や取材活動をしているが、1990年代初頭を振り返ってみると、自動車メーカー各社はZEV規制に振り回されていたように思う。なにせ、規制の内容や方針が数年毎に変更されたり修正されたりで、各メーカーの開発者のその都度、頭を悩ませていた。

 当初のZEV法では、かなり早い段階でEVシフトを試みるも、当時のバッテリー技術などでは航続距離も限定的であり、バッテリーの劣化も早いなど技術的な制約が多かった。

 そうしたなか、GMはZEV法対応に一番乗りすべく『EV1』を発売するも、さまざまな課題を抱えるなかでGMが車両を回収して廃棄処分するという前代未聞の状況に陥る。これについては民間事業者がドキュメンタリー映画を制作してgmの姿勢を厳しく批評するなど、アメリカで大きな社会問題となり、結果的にgmはこれからしばらくの間、EV事案を封印してきた。

 ZEV法はその後、電動化ありきではなく、排気ガス規制という文脈で内燃機関エンジンのクリーン化の流れになっていく。ZEVに対する換算クレジットという考え方が強調されるようになる。

 量産型ZEVについてはEVよりも燃料電池車に注目が集まり、gmは当初は独自開発し、その後はホンダとの協業体制に移行していく。

 ZEV法におけるEVでは、例えばホンダは『フィットEV』を登場させるも、当時のホンダの伊東孝紳社長はロサンゼルスショーで「あくまでもZEVありきで、しかたなく……」とコメントしている。

 この時期、大手自動車メーカーとしてEVを発売していたのは、日産『リーフ』と三菱『i-MiEV』のみで、GMにEVはなくプラグインハイブリッド車の『VOLT』だけだった。

 またテスラは『モデルS』登場前で、ラインアップは『ロードスター』だけの小規模ベンチャーに過ぎなかった。

 こうして、大手自動車メーカーがEVを「規制ありきの特殊車両」というイメージでEVを遠巻きにするなか、テスラはEV専用メーカーとして着実に成長し、その結果として大手メーカーに先んじて、プレミアムEV市場の王者に君臨してしまった。

1990年のZEV規制法以降、GMは実験的にZEVを投入してきたが、他社の参入を様子見していた状態だった。ライバルが続々とEVを投入していく中、旗艦ブランドでのEV本格投入を決めた

 欧州では2016年にフォルクスワーゲングループが事業戦略としてEVシフトを掲げ、さらに2010代後半になり、欧州でのCAFE(企業毎平均燃費)強化の影響を意識して、

 欧州メーカーがEVシフトに一気に動いた。

 また、世界的にカーボンニュートラルに対する意識が高まり、2020年代に入り投資案件を含めてEVシフトが急激に加速している状況だ。

次ページは : ■GMの反撃は「ハマー」の復活に始まり、「リリック」が続く!!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ