新型レクサスLX降臨!! F SPORTもあり 日本発売はいつ? 価格は?


 14年ぶりのフルモデルチェンジとなるレクサスの新型フラッグシップSUV、LXが、10月13日水曜日午後7時30分(日本時間10月14日午前1時30分)にサウジアラビアとアラブ首長国連邦で世界初公開され、同時にオンラインでワールドプレミアが行われた。

 兄弟車である新型ランドクルーザー300は、2021年6月9日にアラブ首長国連邦で世界初公開、日本発売は8月2日という日程だったが、その新型ランドクルーザーの発売から約4ヵ月後と異例の早さで登場。

 さて、新型レクサスLX600は、先代LX570からどれほど進化しているのか? そして新型ランドクルーザー300とどう違うのか? 日本でのラインナップや価格はどうなるのか、判明している新型LX600の全貌を解説していこう。

文/柳川洋
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】こりゃ売れそうだ! 新型レクサスLX600はランクル300とどこが違うのか写真で徹底チェック!


■どこが進化した? フルモデルチェンジの目玉は?

メッキフレームのないスピンドルグリルが新しい。上質かつ威風堂々としたスタイルはラグジュアリーSUVに相応しい
日本国内専用仕様となる新型レクサスLX600 F SPORT。こちらはLSに採用されているものと似た形状のスピンドルグリルを持つ
2021年8月2日に日本での発売を開始した新型ランドクルーザー300。すでに納車待ちは2年以上となっている
先代レクサスLX570日本仕様。ボディサイズは全長5080×全幅1980×全高1910mm。搭載されるエンジンは377ps/54.5kgmを発生する5.7L、V8。2列シートの5人乗り/3列シートの8人乗り。価格は1135万6481円~

 1996年に北米で発売開始となったLXは2015年に日本に逆上陸。2021年8月末までに約50カ国、累計約50万台が販売されてきた。3代目に当たる先代LX570の2007年のデビューからすでに14年が経ち、新型の発表を待ち望んでいる人は非常に多かった。

 新型LXは、「世界中のどんな道でも楽に、上質に」をコンセプトに掲げ、雪や砂で覆われた道や未舗装の泥道・岩場などの過酷な環境でも、都会のオンロードでも、安心・安全・快適で高級感のある移動とドライバーの意図に忠実な身のこなしを実現することを目指して開発された。

 最近評価が非常に高まっているTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づくフルサイズフレーム構造車向けGA-Fプラットフォームがレクサスとして初採用され、クルマとしての基本性能が向上し大きな進化を遂げた。

通常仕様の3列目シートのある7人乗りに加え2列4人乗りも用意。新プラットフォーム採用で低重心化、マスバランスの向上が図られ、洗練された乗り心地につながっている

 オフロード性能を高めるために「壊しては直す」を繰り返すことによって基本性能に磨きをかけ、それをオンロードに反映させていき、オン・オフどちらも妥協することなく歴代最高レベルで両立させたとチーフエンジニアの横尾貴己氏は言う。

 またNXに次ぐ次世代レクサスの第2弾として、従来型対比で車両使用時のCO2排出量をグローバル全台数ベースで約20%削減するなどの環境性能の向上と、多様化する顧客ニーズ・ライフスタイルに寄り添うための新グレードの追加が行われた。

新型レクサスLX600のリアスタイル。新型ランクル300とサイドウインドウとCピラー以降の形状、リアゲート&ウインドウ、テールランプ回り、バンパーの形状が異なっている
新型レクサスLX600 F SPORTのリアスタイル
新型ランドクルーザー300のリア回り。リアゲート&ウインドウが垂直に近い形状になっている

■豪華仕様「VIP」グレードと走破性重視「F SPORT」グレードを新規設定

3列7人乗り仕様のインテリア
悪路を走る想定のうえで、LSやセンチュリーのような快適さを目指すという野心的なグレードの「VIP」は2列シート4人乗り仕様。サンフレアブラウンのレザーシートの質感も高い
ランドクルーザー300にラインナップしているGR SPORTにあたるのがこのF SPORT。こちらはメッキフレームのあるスピンドルグリルを採用

 今回のフルモデルチェンジの目玉の一つとして、これまでの実質1グレード構成から、後席居住性重視、独立4座シート豪華仕様の「VIP」グレードと、日本国内専用仕様の走破性重視グレード「F SPORT」の2つが新規設定された。

 VIPは独立4シーターで後席の居住性を最優先させた、「オフロードでのセンチュリー」とでもいえる仕様。専用の読書灯、オーディオシステムが準備され、極地での仕様も勘案して後席専用のエアコン吹き出し口や温風エアカーテンを装備。

 USBやDC電源、HDMI端子、ヘッドフォンジャックなども揃え、オフロードでも快適な乗り心地とくつろぎを提供する。

 リアコントロールパネル内のリラックスモードボタンをワンプッシュするだけで、助手席が前方に移動し、ヘッドレストとリヤシートディスプレイが倒され、助手席後ろからオットマンが展開。

 そして最大で48度(!)のリクライニングが可能となり、レッグスペースが最大1000mm、なんと1m分も確保されるというレクサスならではの「おもてなし」。また新素材・新形状のシートで悪路での乗り心地の良さを確保している。

身長180cmを超えるように見えるこのモデルが完全に足を伸ばしてもまだ余裕のある車内

次ページは : ■ボディサイズは先代からわずかに大きくなったが車重は200kg減か