新型グランドチェロキーLにも試乗! 最新「ジープ」の魅力はどこにあるのか?

新型グランドチェロキーLにも試乗! 最新「ジープ」の魅力はどこにあるのか?

 日本で輸入車はドイツ車を中心としたヨーロッパ車に人気がある。しかしそんななか、アメリカンブランドで近年好調な販売を続けているのが「ジープ」だ。

人気ブランド、ジープの魅力はどこにあるのか? 2021年12月に日本に上陸した新型グランドチェロキーLの試乗レポートとともに、ジープの最新ラインナップ・6モデルの魅力をチェックしていこう!

※本稿は2022年2月のものです
文/小沢コージ
写真/西尾タクト、ベストカー編集部、FCA
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】魅力的なラインナップがズラリ!! 最新ジープのラインナップをチェック!(9枚)画像ギャラリー

■ジープ新型グランドチェロキーLに試乗!

 コロナ禍で各ブランドが苦戦するなか、見事絶好調をキープする奇跡の輸入ブランドを解説しよう。アメリカの本格SUVメーカー、ジープだ。

 ジープの日本販売は9年連続で右肩上がり。特に2021年は1万4000台で過去最高。

 なかでも売れ線の筆頭は元祖硬派4WDのラングラーで、お次はカジュアルなレネゲード、扱いやすいサイズのコンパスへと続くが、実はそれらに続く伝統のプレミアムSUVがグランドチェロキーだ。ご存知、元祖乗用SUVたるチェロキーの豪華サイズアップ版で、日本でも1993年に初代が発売。

 そしてついに2021年、約10年ぶりに待望の5代目が上陸した。今回の新型はズバリ正常進化を超えている。ある意味、コンセプトチェンジ並みの変貌を果たしてるのだ。

 それはグラチェロ史上初のロングホイールベースモデルたる3列シート仕様の「L」の追加だ。しかも通常の標準ボディの前にコチラが上陸。ほとんど「四駆の皮を被ったリムジンか?」と言いたくなるほどのサイズアップ&ゴージャス化を果たしている。

全長5mを超えるボディをもつ3列シートSUVのグランドチェロキーL
全長5mを超えるボディをもつ3列シートSUVのグランドチェロキーL

■ボディサイズは都会で乗るとやはりデカい!

 早速、小沢もグランドチェロキーLに乗りこんだがまずはサイズ感にビビる。全長5m突破の5.2m。全幅も4.4cm増しの1.98m。初代チェロキーは全幅1.8m以下だったので見違えるほどデカい。

 オマケにホイールベースが3m9cmあって、最小回転半径はなんと6.3m!! なので狭い都内で曲がらない曲がらない。駐車場じゃ切り返しの嵐で己の運転力が問われるのだ。

 一方、見た目のワイルドかつ本物感はまさにジープ直系。アメリカンなサイズもさることながら、伝統の7本スロットグリルは元祖ゴージャスジープたるワゴニアのイメージ。イマドキの空力デザインではなく、逆スラントしたノーズが超ワイルド。この時の流れを無視する武骨さがジープだ。

 また、余裕のボディサイズもあり1〜2列目席は広い。フロアが高くなるラダーフレームボディじゃないぶん床も低めだ。

 唯一残念なのが2列目より床面が高い3列目シートでシート長は普通にあるが、ひざ下が低く、大人が座るとモモ裏が浮いてしまう。ここはやはりミニバンには敵わない。

 ただし質感は高く、特に上級グレードのサミット リザーブは今までのアメ車イメージを超える上質なレザーと本木目パネルがリッチ。ミッドセンチュリー調とも言いたくなるオーガニックな風合いで武骨さとオシャレさが見事融合。

本木目パネルが採用され豪華な印象の上級グレード「サミット リザーブ」のインパネ。10.1インチのカーナビは標準装備
本木目パネルが採用され豪華な印象の上級グレード「サミット リザーブ」のインパネ。10.1インチのカーナビは標準装備

次ページは : ■王道ブランド力と最新技術の融合

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ