水冷ハーレーはぶっちゃけ期待外れ? 魅力ナシ? 新型「ナイトスター」試乗記

水冷ハーレーはぶっちゃけ期待外れ? 魅力ナシ? 新型「ナイトスター」試乗記

 ハーレーダビッドソンと言えば、例外があれど空冷にこだわってきたメーカーだ。しかし、ハーレーの軽快モデルであるスポーツスターがついに水冷化。その第2弾にして正統後継と言える「ナイトスター」が5月から販売開始された。

 空冷スポスタの乗車経験豊富なライターがさっそく試乗を敢行。一体どんなジャッジを下すのか?

文/沼尾宏明、写真/HARLEY-DAVIDSON

【画像ギャラリー】ナイトスターのディテールやスペックを確認する(4枚)画像ギャラリー

空冷スポスタ64年の歴史に幕を降ろし、水冷を選択したハーレー

 1903年に創業し、今やアメリカを象徴するブランドの一つでもあるハーレーダビッドソン。その魅力とは何か? 「鉄馬」とよく称されるように、独特な鼓動感を有し、ズシリと重い昔ながらのバイク、と筆者は考える。

 魅力の源泉となっているのが、プッシュロッドを持つOHV2バルブ空冷Vツインだ。時代ごとに大幅なメスを入れてきたとはいえ、1936年のナックルヘッド以来、ハーレーはこのエンジン型式を頑なに守ってきた。ドロドロとしたロースピードでの心地良い振動とサウンド、そして重い鉄のカタマリを手応えとともに操る感覚は、シンプルな「昔のバイクらしさ」にあふれ、ハーレーならではの持ち味と言える。

 しかし事件が起きた。ラインナップの中でスポーツモデルとして位置付けられる「スポーツスター」が2021年末、国内での生産を終了。空来スポスタ64年の歴史に幕を降ろし、水冷にバトンタッチしたのだ。

 こうして2022年1月に第1弾のスポーツスターSが発売。第2弾が今回試乗したナイトスターだ。スポスタSが「レボリューションマックス1250T」と呼ばれる1252cc60度Vツインを搭載するのに対し、ナイトスターは初の975ccVツインを採用。従来の空冷スポスタシリーズは1200と883の2本立てだったが、新世代の水冷でも同様に選択肢が用意されたのだ。

 ナイトスターは、伝統のスタイルを再現しているのも特色。先に登場したスポスタSは、角眼ヘッドライトにアップマフラーとファットタイヤを備えた未来的スタイルだったが、ナイトスターは丸眼にダウンマフラー、前輪100/90-19&後輪150/80B16という正統派フォルムとタイヤを備える。

いかにも正統派スポーツスターの装いを与えられたナイトスター。車体色は赤、黒、グレーの3色。188万8700~191万9500円

次ページは : 数値はショートストローク、高回転まで回るスポーティな乗り味を予想した

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ