ミニバン頂上決戦!! 王者ノア/ヴォクシー対原点回帰ステップワゴン「買い」はどっち?

王道のノア/ヴォクシーと巻き返しを図るステップワゴンどちらが買いか?

 2022年1月にフルモデルチェンジを行ったトヨタノア/ヴォクシー。そしてノア/ヴォクシーのモデルチェンジ前日にティザー広告を開始し、5月より販売開始したホンダステップワゴン。

 2022年6月の新車販売台数を見ると、ノアが4,302台、ヴォクシーが4,207台。そしてステップワゴンが3,378台と半導体不足やコロナ禍の影響を受けているが、先代モデルの時と比べると差は小さくなっている。

 最も気になる納車期間は、ノア/ヴォクシーだとグレードや装備によっては1年以上掛かると言われているが、ステップワゴンは8カ月程度とステップワゴンが有利となっている。

 ここでは国産ミニバンの中でも熾烈な販売競争が繰り広げられている2Lクラスのトヨタヴォクシーとホンダステップワゴンの比較試乗を行った。果たしてどちらがベストバイなのだろうか。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】人気のミニバン、トヨタヴォクシーとホンダステップワゴンスパーダの詳細を画像で紹介(28枚)画像ギャラリー

基礎から刷新し大幅な進化を遂げたノア/ヴォクシー

トヨタヴォクシーS-Z 7人乗りの走行シーン

 4代目となる現行型ノア/ヴォクシーは、みんなでやりたいことを詰め込んで出かけたくなる「より快適に」「より便利に」「より安心な」ミニバンとして誕生した。

 クルマの骨格にあたるプラットフォームには、TNGAプラットフォーム(GA-C)を採用。これにより、ボディサイズは全長4,695mm×全幅1,730mm×全高1,895mm(4WD車は1,925mm)と全車3ナンバーサイズとなった。

 グレード構成だがノアは従来どおり、標準車とエアロモデルの2種類。しかしヴォクシーはエアロモデルのみとなり、車両本体価格は、ノアが267万円~389万円。ヴォクシーは309万~396万円と従来と異なり、違いを際立たせた。

 外観デザインはノアが、外板色であしらった面勝ちのグリルや切れのあるランプグラフィックで、堂々かつモダンなスタイルの標準車と、エアロモデルはメッキグリルによって華やかかつ強い押し出し感を演出したフロントとワイド&ロースタンスのリアとで、王道のエアロスタイルらしいアグレッシブさを表現している。

 一方のヴォクシーは、薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現。怪しく光る特徴的なフロント/リアランプによって夜でもその存在感を強調している。

 インテリアは、水平基調で低くワイドに構えたインストルメントパネル、ドアトリムに加え、アシストグリップやエアコン吹き出し口など機能的に配列したルーフ周りによって、見晴らしの良い開放的空間を実現した。

 7人乗り仕様車のセカンドシートには、キャプテンシートを採用。クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、折りたたみ式大型サイドテーブルなどを装備している。そして8人乗り仕様車のセカンドシートには、3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用している。

 搭載しているパワートレインは2種類。最高出力170ps、最大トルク202Nmを発生する高い熱効率を実現した2L直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+CVT。このCVTはマニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックを設定。

 一方の1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムは、全ての電動モジュールを刷新。モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化した新世代のハイブリッドシステムとなった。

 駆動方式はガソリン車に加えてハイブリッド車にも4WDを設定。燃費性能は、WLTCモードでガソリン車が14.3~15.1km/L。ハイブリッド車は22.0~23.4km/Lとクラストップレベルを実現している。

 運転支援システムは一気に強化され、機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備。さらにトヨタ車初搭載となる「プロアクティブドライビングアシスト」をはじめ、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」では、「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」を採用しています。さらに、安心・便利なコネクティッドサービス、T-Connectオプションサービスも提供される。

 パワースライドドア装着車に「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定。パワースライドドア開閉と合わせて“からくり”を使って機械的にドア下部からステップを展開・格納。ステップ高を200mmと低くすることで、子供から高齢者まで家族みんなに優しい乗降性を提供しているのが特徴だ。

 バックドアには開閉時、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を世界初採用。バックドアを押すことで、“からくり”を使って任意の角度で停止可能とし使い勝手を向上している。

次ページは : オデッセイが廃止され上質感に磨きを掛けたステップワゴン

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ