新型プリウス先どり試乗!! 走って楽しい! 「とりこにするデザイン」は見掛け倒し…じゃなかった!!

新型プリウス先どり試乗!! 走って楽しい! 「とりこにするデザイン」は見掛け倒し…じゃなかった!!

 2022年11月16日に初公開となった、5代目新型「プリウス」。歴代プリウスの特徴のひとつであるモノフォルムシルエットを踏襲しながらも、全高を40mmも下げてAピラーを強く寝かせ、19インチ大径タイヤを装着したそのデザインは、歴代プリウスにおいて「過去イチ」スタイリッシュでカッコよい。見た目だけではなく、新型エンジンの採用など、走行性能も大きく磨いたというから、楽しみにしている方も多いことだろう。

 今回、プロトタイプモデルではあるが、新型プリウスにいち早く試乗することができた。新型プリウスの走行性能の出来栄えはどうだったのか、ファーストインプレッションをお伝えしていこう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

実車は写真のイメージよりもカッコよかった!!

 新型プリウスのエクステリアデザインのポイントは、第2世代TNGAプラットフォームによる低重心化と、プリウス史上最大の19インチ細幅大径タイヤ(プリウス用タイヤは18インチが最大だった)の採用、そしてワイドトレッド化だ。

 ボディサイズは、全長4600(+25)mm×全幅1780(+20)mm×全高1430(-40)mm、ホイールベースは2750(+50)mm(カッコ内は先代比)。フロントオーバーハングを25mm伸ばし、リアオーバーハングは50mmも縮めている。Aピラーは強く傾斜しており、リアフェンダー周りにボリュームが増したようにデザインされたことで、まるで後輪駆動のスポーツカーのような雰囲気だ。

モノフォルムはそのままに、全高の低さと19インチ大径ホイールの装着で生まれ変わった
モノフォルムはそのままに、全高の低さと19インチ大径ホイールの装着で生まれ変わった
先代と比べて、ばっさりと切り落とされたリアオーバーハング(マイナス50mm)。リアタイヤ周りのボリュームが増しており、後輪駆動のスポーツカーの雰囲気も
先代と比べて、ばっさりと切り落とされたリアオーバーハング(マイナス50mm)。リアタイヤ周りのボリュームが増しており、後輪駆動のスポーツカーの雰囲気も

 インテリアに関しては、以前はインパネにあった電制シフターを、センターコンソールへと移動。新型クラウンとも似た、小型のシフトノブ形状だ。12.3インチの大型センターディスプレイは2.0L車に、8インチディスプレイは1.8L車へと装着されていた。

 また7インチのTFTメーターはステアリングホイールの奥へと移動し、bZ4Xと同じく、「アイランドアーキテクチャー」のレイアウトとなった。乗り込む前は遠くて小さいと懸念していたが、慣れれば気にならず、視線移動も減るので有効だ。なおアクセルペダルが、吊り下げ型からオルガン型へと変更されている。「ペダル操作性が改善し、運転が楽になるため」というのが理由だという。

ステアリングホイールの上からデジタルメーターを覗くタイプとなった。そのためステアリングホイールは先代よりもやや小径となっている
ステアリングホイールの上からデジタルメーターを覗くタイプとなった。そのためステアリングホイールは先代よりもやや小径となっている

次ページは : 試乗は1.8L /2.0L、それぞれ2WD/E-Fourの全4グレード

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します