【CX-5 フォレスターを超えた!?】ここまで来たか中国車 ターボ&DCT搭載の超激安SUVが凄い!!!

 2Lターボエンジンに7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を組み合わせ、それでいて価格は200万円前半。そんなSUVの新星が誕生だ。

 スペックを聞いただけでも魅力的なSUVを手掛けるのは中国のとあるメーカー。中国も今やSUVブーム到来である。

 今や自動車先進国の人やモノが、中国車にも積極的に取り入れられているというが、中国車の実力派は、国産SUVと比較してどのようなレベルなのか?  

 自動車評論家の松田秀士氏が、最新SUVの実力をレポートする。

文:松田秀士


CX-5&フォレスター級でスペック充実の激安SUV「VV6」

こちらが長城汽車が手がけるWAY VV6。全長4625mmはスバルのフォレスターと全く同じ。それでいてターボエンジンにDCTを組み合わせ、価格も230万円からと安い

 まず、試乗車を紹介しよう。WAY VV6は全長4625mm、全幅1860mm、全高1720mm。国産車でいえばフォレスターやCX-5とほぼ似たようなサイズ感。

 搭載されるエンジンは直列4気筒2.0Lツインターボで最高出力197ps、最大トルク355Nmというスペック。これに7速DCTのトランスミッションが接続されていて、0~100km/h加速は9.1秒だ。

 サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リヤはマルチリンク式。と、スペック的には必要充分以上の性能を備えている。

 そこで、さらに驚かされるのがその車両価格だ。WAY VV6には3グレードがラインナップされていて、試乗車は真ん中のFFモデル。その価格はなんと16万2000元(約250万円)だ。

 さらに、廉価版モデルでは同じエンジン・駆動方式で14万8000元(約230万円)。ハイエンドの4WDモデルでは17万5000元(約270万円)という価格帯。ちょうど約20万円の価格差で各グレードが展開されている。

 これを国産車と比較すると、フォレスターでは最安が「ツーリング」の280万円台。高値の「アドバンス」で309万円台。

 CX-5では最安がガソリンの「20S」で257万円台。ディーゼルの最高「XD Lパッケージ」だと333万円台となる。明らかにWAY VV6は安いのだ。

「安かろう悪かろう」と侮れないWAYの立ち位置とは?

片側2本出しの強烈なマフラーが印象的だが、リアスタイルも全般的にはスッキリとまとめられている。バッジにはブランド名の魏(wey)の文字も

「中国車だから安いのは当たり前」という気持ちでこの記事を見ていないだろうか? 実はWAY VV6の製造会社は長城汽車という、中国ではれっきとしたブランド自動車メーカー。

 そのなかでWAYブランドは、ちょうどトヨタのレクサスに当たるブランドなのだ。そう、長城汽車本体にもSUVブランドはあるわけで、当然WAY VV6よりも廉価。

 えー! WAYってレクサスと同じ土俵なの!? ということになるわけで、そう考えるといかにリーズナブルな価格なのか、ということが見えてくるわけなのだ。

 ちなみに、このWAYというブランド名は、長城汽車の社長である魏(wey)氏の名前に由来する。つまり、WAYブランドは社長の肝入りのブランドということになる。

 長城汽車は日本にも横浜に法人があり、日本人をリクルートしているので興味のある方は見てみるといい。このホームページには、長城汽車は中国最大のSUV製造企業で中国国内だけでなくオーストリア、ロシア、ブルガリアでも販売しているのだ。

 つまり、本体の長城汽車もSUVの本場。そのハイブランドがWAYなのだから、これはもうレクサスそのものである。

VV6の実力は国産SUV勢を脅かすか

国産ミドルSUVの実力派、フォレスター。全長×全幅×全高は4625×1815×1715mmで、VV6と近似値。2L水平対向エンジンは184ps/24.4kgmというスペック。価格は「ツーリング」で280万8000円

 では、走り出そう。コクピットに腰かけドラポジを決める。ステアリングにはチルト&テレスコがあり、ドラポジはビシッと決まる。コクピットからの視界も問題なく良い。

 インパネ周りもなかなか高級感があり、安い系の中国車とは全く異なる世界がそこにある。明らかに高級感がある。

 メーターパネルはフルディスプレイで、表示デザインも3種類からチョイスできる。これは走行モードのエコ、ノーマル、スポーツを切り替えることでも自動的に切り替わる。

VV6のインテリアとインパネ周り。一時の中国車にあったような安っぽいイメージはなく、極めて現代的にまとめられている。

 では、セレクトレバーをDレンジに入れてアクセルを踏み込む。なかなか力強い加速感だ。

 7速DCTのシフトも若干のラグはあるが、DCTらしいマニュアルなフィール。エンジンの最高回転数は5500rpmと低めではあるが、振動感が少なくスムーズ。そして、回転数の範囲内ではとてもトルクがある。

 意外に感じたのがサスペンション。ソフトでスラロームや急ブレーキなどで、とてもスムーズなストローク感だ。

 フロントにストラット式でリアにマルチリンクと、国産SUVと変わらぬサスペンション型式なのだが、日本車に比べて圧倒的に柔らかい。

 それゆえに乗り心地がとても良く、ロールのフィーリングが心地よい。タイヤはミシュランを履いているので、サスペンションのフィーリングは正確に把握できた。

 このサスペンションのスムーズさをサポートしているのが堅剛なボディだ。ボディ剛性は、かなり高いと感じる。サスペンションはソフトだが、ステアリングに微小舵の入力を入れた時、即座にフロントノーズが反応する。

 それだけノーズ周りも含めた応答性が高く、ゆえにハンドリングに関する剛性は高いと感じるのだ。スラローム、緊急回避、8の字走行、急ブレーキと、どれをとっても及第点以上だ。

 4人乗りでの市街地では、若干サスペンションがバンプラバーに底打ちするのを感じたが、1~2人乗りでは全く問題なくラグジュアリーな移動が楽しめる。

 エンジンパワーこそ日本車にはまだ及ばないが、車両そのものの作りには目を見張るものがある。

 コストパフォーマンスもしかり、中国車の未来からは今後も目が離せない。

国産SUVと比較しても柔らかく、よくストロークする足回りが特徴的なVV6

■WAY VV6 主要スペック
・全長×全幅×全高:4625×1860×1720mm
・トランスミッション:7速DCT
・エンジン:2.0L直列4気筒ターボ
・最高出力:197ps
・最大トルク:355Nm(36.2kgm)
・0-100km/h加速:9.1秒
・価格帯:約230万~270万円(※現地価格の日本円換算)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ