【オシャレな新定番セダン】 メルセデスベンツ Aクラスセダン登場

 すでに海外では発表されていた「Aクラスセダン」が、2019年7月22日、いよいよ日本にも正式導入されることが発表された。

 同じメルセデス・ベンツのCクラスセダンの格好の好敵手となりそうなこのモデル。価格やサイズ、スペックなどを比較してみた。

※本稿は2019年8月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■Cクラスよりもコンパクトな4ドアセダンが登場

 もちろんベースとなるのは昨年10月に発表され、高い評価と人気を誇る新型Aクラス

Aクラスセダン
Aクラス
Cクラスセダン

 2730mmのホイールベースも含めてプラットフォームは共通。エンジンやインテリアデザインなども基本的にはAクラスと同じ。

 例の「ハ~イ、メルセデス!」で起動する「MBUX」も採用されている。

インパネデザインは基本的には先に登場した5ドアハッチバックのAクラスと共通。ワイドな液晶画面を使ったメーター表示はスッキリと見やすい。音声認識による操作も備えている

 ボディサイズは全長4549mm、全幅1796mm、全高1446mm。

 国内での正式な認証がおりていないため、ボディサイズは欧州モデルの参考値のため端数の表記となっているが、このサイズ、Cクラスと比べると全長が140mm短く、全幅が10mm狭い一方、全高は20mm高い。

全長4549mm、全幅1796mm㎜、全高1446mmの4ドアセダンボディは、Cクラスと比べてひと回りコンパクトだが、全高は20㎜高い。Cd値は0.22と、優れた空力ボディなのである

 ホイールベースは110mm短く、サイズ感としてはCクラスをひと回りコンパクトにしたような印象。国産セダンだとインプレッサG4や日産シルフィなどがサイズ感的には近い。

 Cクラスよりひと回り小さいと言ったが、Aクラスセダンの後席ドアを開けて乗り込むと、見た目のサイズ感以上に足元スペースが広く、ヘッドクリアランスもたっぷりとある。

ホイールベースは2729mmとCクラスの2840mmよりも短いが、FFということもあり後席足元スペースは広々としており、居住空間に不満は感じない。ヘッドクリアランスは充分に余裕があり、圧迫感などは感じない広さである

 このあたりはFFプラットフォームのなせるワザ。案外、このAクラスセダンは、Cクラスセダンにとって最大のライバルとなるのではなかろうか!?

■価格の比較は?

 現実的にみると、「A180 Style」セダンの価格は386万円、「C180アバンギャルド」は495万円。

※Aクラスセダンのスペックは欧州仕様の参考値です

「Aセダン」にレーダーセーフティパッケージ(25万円)とナビゲーションパッケージ(18万7000円)を装着しても429万7000円なので「C180アバンギャルド」より65万円ほど安い。

 エンジンは先に登場した5ドアハッチバックのAクラスにも搭載される直4、1.3Lターボ(136ps/20.4kgm)に加え、直4、2Lターボ(224ps/35.7kgm)を搭載するA250 4MATICも用意される。

独立したトランクは荷物の安全性などを考えるとやはり嬉しい。容量は420L(VDA)で奥行きも深く、セダンとして充分な広さだ

 まずは「A250 4MATIC」が9月頃から納車開始となり、「A180」はやや遅れて年末頃からの納車の予定。

 5ドアハッチバックのAクラスよりもグンとフォーマル感が高まった印象のAクラスセダン。これは注目のモデルですぞ!

Aクラスセダンの導入に合わせ、特別仕様車「A250 4MATICセダンEdition1」を250台限定で販売する。ポーラーホワイトの外装色にコッパーカラー(ブロンズ色)の19インチAMGラインアルミホイールなどを標準装備する
※Aクラスセダンのスペックは欧州仕様の参考値です

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ