専門家がホンダフリード+車中泊性能を大調査!! 車内で快適ポイント指南


■お昼寝タイム! チェックポイントは「体が水平になるか?」「足が伸ばせるか?」「寝返りはうてるか?」

 FREED+に実際に寝てみると……悪くない! フラットで柔らかい寝床が快適! 体が水平になっているので、エコノミークラス症候群にもなりづらい。足も伸ばせる! ソロはもちろん2名までなら、左右幅も十分あるので寝返りも大丈夫。コンパクトミニバンにありがちな窮屈感もなく、セダンやステーションワゴンに感じる天井の圧迫感もない。これなら、ひと晩熟睡できそうで、体へのストレスは感じなかった。

身長175cm・体重68kgの担当が実際に寝てみるといい感じ! 本当に気持ちよくって、このままスヤスヤ寝てしまいそうだった!?
下に敷いたマットからはみ出した2列目シートの座面部分は約25cm×約13cm(実測)。枕代わりに頭部をこの位置まで詰めれば、足もとのスペースは少し余裕が生まれる

■FREED+にもうひと部屋追加できるテールゲートカーテン

 オートキャンプ場といった「車外スペース」を使用できる車中泊スポットに限るが、寝室(=車内)だけでは物足りない方々におすすめしたいのが、ボディの横やリアに装着するタープやオーニング。

 人気テントメーカーのカーサイドタープも便利だが、純正アクセサリーの「テールゲートカーテン(2万6400円)」の使いやすさを今回実感。。吸盤で簡単にボディに固定でき、ペットボトルをウエイトに使用。立って作業できるので、着替えものびのび可能。テールゲートを屋根代わりにして作業する場合に、風よけや目隠し、荷物置き場としてきっと重宝するはずだ。ファスナーを開けることで、カーテンの一部分をロールアップすることもできる。

カラーはブラック。透けることもなく安心してプライベート空間を追加できる。カーテンの裾に水の入ったペットボトルを入れてウエイトに。ペグを打つ必要がないので作業も早い

次ページは : ■電気を制す者は車中泊を制す! ポータブル電源がアウトドアで人気

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ