車内で快眠ポイント指南!! 専門家が話題のホンダFREED+快眠性能を大調査

 現在、新しいクルマ旅のスタイルとして人気を博しているのが車中泊。

 そもそも日本で車中泊が最初に注目を集めたのは、1980年代後半から1990年代前半のスキーブームだろう。しかし、約30年前の当時と現在では、車中泊のスタイルは大きく様変わりしている。ただシートを倒して仮眠するだけだった約30年前とは異なり、現在の車中泊はいかに車内で快適寝るかがカギ!

 そんななかで、いま車中泊ユースとして人気を博している車種が、ホンダFREED+。運転しやすく狭い道でも安心のコンパクトサイズながら、広く使える車内、そしてフラットになるシートアレンジは、まさに市販モデルでは随一! さらに車中泊に便利な純正アクセサリーも豊富で、アウトドア用品との相性もいい。

 今回は、日々車中泊の情報を発信している車中泊専門誌『カーネル』スタッフが、ベストカーWEBに初登場。純正アクセサリーを活用しての車中泊性能をチェックした! これぞ「ベストカー寝る」!? 

文/大橋保之(『カーネル』編集長) 写真/中里慎一郎、Honda Access【PR】

【画像ギャラリー】 写真で一発理解!! 車中泊を快適にすごすアイテムはこれだ!!

■寝床はラゲッジか? シートか? 

 車中泊の秘訣は快眠にあり! というほど、就寝環境を整えるのが快適な車中泊の第一歩。そのためには「どこで寝るか?」が重要なポイントとなる。一般的に就寝場所は次の2パターン。シートをリクライニングして水平に近づけて寝るか、ラゲッジスペースを使用するか。

 シートはクッション性が高いが、凹凸が多く完全にフラットにならないモデルも少なくない。逆にラゲッジ就寝の寝床は、フラットになるものの床がシートより硬く、スペースの奥行きが足らず、車種によっては脚を伸ばして寝られないこともある。

今回チェックしたFREED+。ハイブリッドのFF仕様
座り心地の良いシート。フロント、リアともに、純正アクセサリーの合皮製シートカバー(フロント・リアセットで5万5000円)が装着。車中泊を考えた場合、普段はウォークスルーとして便利な運転席と助手席のクリアランスをいかに埋めるかがポイント

■FREED+はラゲッジで2名が快眠できる!

 ではFREED+は、「シート就寝」か、「ラゲッジ就寝」か? ずばり「ラゲッジ就寝」の一択! シートのリクライニング角度は非常に大きく、ほぼ水平にして2列目の座面と1列目の背もたれはヘッドレストを外せば一体化できる。

 しかし! ダブルフォールダウン機構で2列目を床下に収納したラゲッジならば、大人2名が足を伸ばして寝られるゆとりの「ビッグラゲッジモード」が出現。床に敷く厚手のマットを準備すれば、寝返りの打てないシート就寝よりも、非常に快適に寝られるはずだ。

ダブルフォールダウン機構は、2列目シートの座面を前側に跳ね上げて背もたれを前倒しにするというもの。複雑そうだが、慣れれば5分足らずで作業完了
荷室用ユーティリティボードと2列目の背もたれが見事なフラットを形成
奥行きは約185cmあり、平均的な男性の身長なら余裕。幅は約120cm。キャンピングカーは、ベッド幅が約50cmで1名と換算されるので、キャンピングカーと比べても、2名が十分に寝られるスペースということがわかる

■ラゲッジは約2cmの段差のみ! これならマットで即解消

 ラゲッジの荷室ユーティリティボードと2列目シートの背もたれをつなぐボードに、唯一の段差ができる。とはいえこの段差は2cmほどなので、純正アクセサリーでラインアップされている「ラゲッジクッションマット(2万2000円)」を敷けば、なにも気にならないほどフカフカに。

約2cmの段差が生じるとはいえ、このボードがなければ、さらに大きな凹みが発生してしまう。通常は2列目の背もたれの裏側に格納されるアイデアアイテムだ
さすが純正アクセサリー展開時に悩まないジャストサイズ! 厚さは約3cm(幅約123cm×長さ約180cm)あり、難燃性と耐久性に優れた素材が採用されている

■さらに車中泊で便利な純正アクセサリー多数!

『カーネル』が車中泊の基本・三種の神器として紹介しているアイテムのひとつが、シェードやカーテンの目隠し。シェードは銀マットなどでDIYをする人もいるが、意外に手間と時間がかかる。車種ごとにフィットすることが大切、ということを考えると純正アクセサリーがおすすめだ。

 マットが体をリラックスさせるアイテムならば、シェードは車内を見えなくすることにより、心をリラックスさせるもの。装着・脱着が簡単なものがベター。

窓だけではなく室内全面をカバーする純正アクセサリー「プライバシーシェード(4万1800円)」。外から見えないだけでなく、プライベート空間の雰囲気が増す。天井スペースを有効活用できる「ルーフラック(1万5400円)」や、ボディ内側の後部に設置された「ユーティリティフック(1650~3850円)」は、車内を整理したり小物の収納に役立つ
シェードの取り付けはアシストグリップにベルトでホールドしたり、フックに引っ掛ける個所もあり。窓に吸盤で固定するところもある
2列目の窓にあわせて開口部がある。「スライドドアウインドウメッシュ(1万2100円)」も併用すれば、換気の際に虫が車内に潜入することを防げる

■お昼寝タイム! チェックポイントは「体が水平になるか?」「足が伸ばせるか?」「寝返りはうてるか?」

 FREED+に実際に寝てみると……悪くない! フラットで柔らかい寝床が快適! 体が水平になっているので、エコノミークラス症候群にもなりづらい。足も伸ばせる! ソロはもちろん2名までなら、左右幅も十分あるので寝返りも大丈夫。コンパクトミニバンにありがちな窮屈感もなく、セダンやステーションワゴンに感じる天井の圧迫感もない。これなら、ひと晩熟睡できそうで、体へのストレスは感じなかった。

身長175cm・体重68kgの担当が実際に寝てみるといい感じ! 本当に気持ちよくって、このままスヤスヤ寝てしまいそうだった!?
下に敷いたマットからはみ出した2列目シートの座面部分は約25cm×約13cm(実測)。枕代わりに頭部をこの位置まで詰めれば、足もとのスペースは少し余裕が生まれる

■FREED+にもうひと部屋追加できるテールゲートカーテン

 オートキャンプ場といった「車外スペース」を使用できる車中泊スポットに限るが、寝室(=車内)だけでは物足りない方々におすすめしたいのが、ボディの横やリアに装着するタープやオーニング。

 人気テントメーカーのカーサイドタープも便利だが、純正アクセサリーの「テールゲートカーテン(2万6400円)」の使いやすさを今回実感。。吸盤で簡単にボディに固定でき、ペットボトルをウエイトに使用。立って作業できるので、着替えものびのび可能。テールゲートを屋根代わりにして作業する場合に、風よけや目隠し、荷物置き場としてきっと重宝するはずだ。ファスナーを開けることで、カーテンの一部分をロールアップすることもできる。

カラーはブラック。透けることもなく安心してプライベート空間を追加できる。カーテンの裾に水の入ったペットボトルを入れてウエイトに。ペグを打つ必要がないので作業も早い

■電気を制す者は車中泊を制す! ポータブル電源がアウトドアで人気

 2020年のアウトドアシーンで、一躍メインアイテムとなったのがポータブル電源だ。面倒な配線が必要なく、電気を安全に野外へ持ち出せるため、車中泊ユーザーでも保有率が増加している。冬の寒さ対策として、車内で電気毛布の電源として使用する人も多い。ホンダからも「LiB・AID E500(8万8000円)」が発売されており、今後、車中泊には必須アイテムになる可能性が高い。

最大出力500W(約35分)、定格出力で300W(約1時間)使用できる。スマホはもちろん、山岳用ヘッドライトなども登山前に充電可能。重量は5.3kg。車載しておけば心強い

■車中泊+キャンプを提案する小雀陣二さん

 今回、カーサイドタープといったギア類をコーディネートしたのは、アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さん。いま、流行している車中泊+キャンプのスタイリッシュな車中泊シーンを再現してくれた。

“チュンチュン”の愛称で親しまれている小雀さん。アウトドアの達人でもある

【執筆者プロフィール】
FREED+をチェックしたのは車中泊専門誌『カーネル』編集長

今回、FREED+の車中泊性能をチェックしたのは、車中泊専門誌『カーネル』編集長・大橋。クルマを見ると、ついついシートアレンジやラゲッジサイズを測りたくなる職業病を発症中。マイメジャー、マイ水平器をいつも持ち歩く

Honda純正アクセサリーサイト『ホンダアクセス』
FREED+車中泊におすすめの 純正アクセサリーをチェック

車中泊専門情報誌『カーネル』
車中泊やクルマ旅、そしてVANLIFEをさらに楽しむための季刊専門誌

車中泊専門情報Webサイト『SOTOBIRA(ソトビラ)』
車中泊やキャンプを中心に「外遊び」の魅力を紹介するWEBメディア

ということで、次こそはFREED+で車中泊のクルマ旅へ行ってきます!

【画像ギャラリー】 写真で一発理解!! 車中泊を快適にすごすアイテムはこれだ!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ