専門家がホンダフリード+車中泊性能を大調査!! 車内で快適ポイント指南【PR】


 現在、新しいクルマ旅のスタイルとして人気を博しているのが車中泊。

 そもそも日本で車中泊が最初に注目を集めたのは、1980年代後半から1990年代前半のスキーブームだろう。しかし、約30年前の当時と現在では、車中泊のスタイルは大きく様変わりしている。ただシートを倒して仮眠するだけだった約30年前とは異なり、現在の車中泊はいかに車内で快適寝るかがカギ!

 そんななかで、いま車中泊ユースとして人気を博している車種が、ホンダFREED+。運転しやすく狭い道でも安心のコンパクトサイズながら、広く使える車内、そしてフラットになるシートアレンジは、まさに市販モデルでは随一! さらに車中泊に便利な純正アクセサリーも豊富で、アウトドア用品との相性もいい。

 今回は、日々車中泊の情報を発信している車中泊専門誌『カーネル』スタッフが、ベストカーWEBに初登場。純正アクセサリーを活用しての車中泊性能をチェックした! これぞ「ベストカー寝る」!? 

文/大橋保之(『カーネル』編集長) 写真/中里慎一郎、Honda Access【PR】

【画像ギャラリー】 写真で一発理解!! 車中泊を快適にすごすアイテムはこれだ!!

■寝床はラゲッジか? シートか? 

 車中泊の秘訣は快眠にあり! というほど、就寝環境を整えるのが快適な車中泊の第一歩。そのためには「どこで寝るか?」が重要なポイントとなる。一般的に就寝場所は次の2パターン。シートをリクライニングして水平に近づけて寝るか、ラゲッジスペースを使用するか。

 シートはクッション性が高いが、凹凸が多く完全にフラットにならないモデルも少なくない。逆にラゲッジ就寝の寝床は、フラットになるものの床がシートより硬く、スペースの奥行きが足らず、車種によっては脚を伸ばして寝られないこともある。

今回チェックしたFREED+。ハイブリッドのFF仕様
座り心地の良いシート。フロント、リアともに、純正アクセサリーの合皮製シートカバー(フロント・リアセットで5万5000円)が装着。車中泊を考えた場合、普段はウォークスルーとして便利な運転席と助手席のクリアランスをいかに埋めるかがポイント

■FREED+はラゲッジで2名が快眠できる!

 ではFREED+は、「シート就寝」か、「ラゲッジ就寝」か? ずばり「ラゲッジ就寝」の一択! シートのリクライニング角度は非常に大きく、ほぼ水平にして2列目の座面と1列目の背もたれはヘッドレストを外せば一体化できる。

 しかし! ダブルフォールダウン機構で2列目を床下に収納したラゲッジならば、大人2名が足を伸ばして寝られるゆとりの「ビッグラゲッジモード」が出現。床に敷く厚手のマットを準備すれば、寝返りの打てないシート就寝よりも、非常に快適に寝られるはずだ。

ダブルフォールダウン機構は、2列目シートの座面を前側に跳ね上げて背もたれを前倒しにするというもの。複雑そうだが、慣れれば5分足らずで作業完了
荷室用ユーティリティボードと2列目の背もたれが見事なフラットを形成
奥行きは約185cmあり、平均的な男性の身長なら余裕。幅は約120cm。キャンピングカーは、ベッド幅が約50cmで1名と換算されるので、キャンピングカーと比べても、2名が十分に寝られるスペースということがわかる

■ラゲッジは約2cmの段差のみ! これならマットで即解消

 ラゲッジの荷室ユーティリティボードと2列目シートの背もたれをつなぐボードに、唯一の段差ができる。とはいえこの段差は2cmほどなので、純正アクセサリーでラインアップされている「ラゲッジクッションマット(2万2000円)」を敷けば、なにも気にならないほどフカフカに。

約2cmの段差が生じるとはいえ、このボードがなければ、さらに大きな凹みが発生してしまう。通常は2列目の背もたれの裏側に格納されるアイデアアイテムだ
さすが純正アクセサリー展開時に悩まないジャストサイズ! 厚さは約3cm(幅約123cm×長さ約180cm)あり、難燃性と耐久性に優れた素材が採用されている

次ページは : ■さらに車中泊で便利な純正アクセサリー多数!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ