専門家がホンダフリード+車中泊性能を大調査!! 車内で快適ポイント指南


■ラゲッジは約2cmの段差のみ! これならマットで即解消

 ラゲッジの荷室ユーティリティボードと2列目シートの背もたれをつなぐボードに、唯一の段差ができる。とはいえこの段差は2cmほどなので、純正アクセサリーでラインアップされている「ラゲッジクッションマット(2万2000円)」を敷けば、なにも気にならないほどフカフカに。

約2cmの段差が生じるとはいえ、このボードがなければ、さらに大きな凹みが発生してしまう。通常は2列目の背もたれの裏側に格納されるアイデアアイテムだ
さすが純正アクセサリー展開時に悩まないジャストサイズ! 厚さは約3cm(幅約123cm×長さ約180cm)あり、難燃性と耐久性に優れた素材が採用されている

■さらに車中泊で便利な純正アクセサリー多数!

『カーネル』が車中泊の基本・三種の神器として紹介しているアイテムのひとつが、シェードやカーテンの目隠し。シェードは銀マットなどでDIYをする人もいるが、意外に手間と時間がかかる。車種ごとにフィットすることが大切、ということを考えると純正アクセサリーがおすすめだ。

 マットが体をリラックスさせるアイテムならば、シェードは車内を見えなくすることにより、心をリラックスさせるもの。装着・脱着が簡単なものがベター。

窓だけではなく室内全面をカバーする純正アクセサリー「プライバシーシェード(4万1800円)」。外から見えないだけでなく、プライベート空間の雰囲気が増す。天井スペースを有効活用できる「ルーフラック(1万5400円)」や、ボディ内側の後部に設置された「ユーティリティフック(1650~3850円)」は、車内を整理したり小物の収納に役立つ
シェードの取り付けはアシストグリップにベルトでホールドしたり、フックに引っ掛ける個所もあり。窓に吸盤で固定するところもある
2列目の窓にあわせて開口部がある。「スライドドアウインドウメッシュ(1万2100円)」も併用すれば、換気の際に虫が車内に潜入することを防げる

次ページは : ■お昼寝タイム! チェックポイントは「体が水平になるか?」「足が伸ばせるか?」「寝返りはうてるか?」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ