災害を知らせ現場へ向かえ!!「特務機関NERV」を支える三菱自動車とトーヨータイヤのいい仕事


「特務機関NERV(ネルフ)」をご存じでしょうか。あ、いやもちろん『エヴァンゲリオン』シリーズにおける国連直属の超法規的機関…という説明でも間違いではありませんが、本稿では「日本に実在し、Twitterで活躍しているほうのNERV」をご紹介します。防災アカウントとしてSNS上で活躍してきたNERVが、このたびさらに現実世界に強く関りをもって防災に従事し、それを三菱自動車とトーヨータイヤが応援する…という、とてもいい話をご紹介いたします。【PR】

文/ベストカーWeb編集部 写真/中里慎一郎
取材協力/トーヨータイヤ、三菱自動車、ゲヒルン

【画像ギャラリー】NERV仕様のアウトランダーPHEVとエクリプス クロスPHEVがカッコいいのと非常食の写真「おかわり」

■フォロワー124.7万人の防災アカウント

 わりと濃いめなTwitterユーザーであればご存じの方も多いであろう「特務機関NERV」。設立のキッカケは2010年に、情報セキュリティの会社である「ゲヒルン」(←この社名で「おっ!?」と思った方は濃いめの『エヴァ』ファン)を創業した石森大貴氏が、本業の合間に開始したTwitterアカウント。

特務機関NERVのTwitterアカウント。フォローすると、どんな報道機関よりも早く災害情報がタイムラインに届きます

「特務機関NERV」Twitterアカウント

 災害と防災に関するニュースをSNS上に流すアカウントとして趣味の一環で開始したところ、2011年3月に東日本大震災が発生。宮城県石巻市にある石森氏の実家が大きな被害を受けたこともあり、この「特務機関NERV」を本格的な防災アカウントとして運営していくことになる。

 電力不足を補うために実施された計画停電と、節電への理解を呼びかけるためにSNS上でおおいに盛り上がった「ヤシマ作戦」をへて、Twitter上でフォロワーを増やしていく「NERV」アカウント。「さすがに正式に許可をとらないとマズい」となって『エヴァ』関連の著作権を管理している株式会社カラー、キングレコード、グラウンドワークスへ連絡すると、「お互い知らないことにしておきましょう」と言われることに。
(こういう、細かい事務手続きを厭わないところが成功の秘訣だと感じました)

 以降、「そろそろやめましょう」と言われることを覚悟しながら毎年1回「使い続けてもいいでしょうか」と連絡すると、毎回「いいですよ」と返事が来るとのこと。いい話だ…。

 2013年9月にはアカウントを「災害情報共有システム(Lアラート)」に接続することで、いち早く防災情報をタイムラインへ流せるようになり、フォロワー数は増加を続ける(2021年6月時点でフォロワー数はなんと127.4万人)。

 2018年末にはエヴァ関連の忘年会へ行くことになって、そこで(あくまでこの時点では自社名「ゲヒルン」を使うつもりで)関係者に「防災アプリを作ろうと思うんですが」と話すと、「いいですね、NERVの名前を使いましょうよ」という話になって、そのうえ気象庁とも連携することになり、アプリのリリースの際(2019年9月1日)には気象庁から公式コメントも出ている。

 話が雪だるま式にどんどん大きくなってゆきます。

特務機関NERV(ゲヒルン)は防災アプリをリリース。大変便利だしいざというときに頼りになるのでぜひダウンロード推奨

防災アプリ「特務機関NERV防災」についての詳細はこちら

■電源と避難所情報と非常食を供給!!

 やや遠回りした感もあるが、ここからはクルマとタイヤの話題。

 前述のとおり、防災アカウントとして成長を続け、防災アプリをリリースした「NERV」が、次の一手として繰り出したのが、長期停電や通信網の途絶に対応するための「特務機関NERV災害対策車両」の整備。三菱自動車のアウトランダーPHEVを2台擁し、特務機関NERVの防災情報配信サービスの継続に影響がない場合、被災地へ出動して災害対策本部や避難所の支援を行う。

特務機関NERVの「中の人」でもある石森大貴氏(写真左)とゲヒルンの防災スタッフ。「実車」があることで避難所そのものへ向かい、直接支援することができる(写真後方の車両は3号機のエクリプス クロスPHEV)

 アウトランダーPHEVには、外部供給が可能な100VのAC電源コンセント(1500W)が2つ用意されている。そのため、電力の供給が止まっても、炊飯器でご飯を焚いたり、スマホやノートパソコンを充電したりもできる。巨大なバッテリーを搭載しておりガソリンエンジンを回すことで充電も可能なため、家庭とクルマをつなぐV2H機器をつなげば、満充電の状態で丸1日、家一軒の電力を供給し続けることも可能だ。

 さらに、内閣府から貸与された衛星安否確認サービス「Q-ANPI」端末を積載しており、このサービスを利用して(電話回線が遮断された状態でも)避難所の状況を知らせることや、衛星回線を利用した指示を受け取ることが可能。

災害物資を大量に積めて走破性が高いところはSUVの利点、電源を供給できるのはPHEVの利点。これを両立できるところが、アウトランダーPHEVとエクリプス クロスPHEVの強み

「最初は、防災活動に使おうと思って、三菱さんのディーラーへクルマを買いに行ったんです。商談を進めているうちに、三菱自動車さん本体と話ができるようになって、じゃあ一緒にやりましょうか、という話になり、車両をご提供いただくことになりました」

 ちなみに用意された車両には専用デザインの「防災食」が20食分搭載されており、これがめちゃくちゃカッコいいところもぜひお伝えしておきたい。

エヴァ公式グッズ販売サイトなどでも販売される、「特務機関NERV指定防災備蓄品 レスキューフーズアソートセット」(5食入り消費税込み7560円)。ゲヒルン代表の石森氏が防災食のコラボ相手として「ホリカフーズ」を探し当てて実現した

 前出の石森氏いわく「『エヴァンゲリオン』の劇中に出てきても違和感がないデザインにした」とのことで、たしかにこれは凝っている。

自動車専門メディアなので、キッチリ紹介します。写真左が「2号機」のアウトランダーPHEVで、右が「3号機」のエクリプス クロスPHEV。どちらも専用カラーリングが施されており、内外装や駆動ユニットに変更はなし。車両は三菱自動車、タイヤはトーヨータイヤの提供だそうです

次ページは : ■災害救助車を支える心強いタイヤ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ