北の大地でもおすすめ!! 撮り鉄が大満足のスタッドレスってなんだ!?


「おすすめのスタッドレスはなに?」と聞かれることが多いベストカー編集部員。毎年複数のスタッドレスタイヤを試す機会があるのだが、近年は各社ともに性能がグングン上がっており、まさにスタッドレス戦国時代。

 しかしそんななかでもベストカー編集局の2名の「鉄ちゃん」が北海道での撮り鉄を通じて「2021年のおすすめスタッドレス」として認定できるタイヤを見つけちゃいました。詳細なレポートとともに自慢の「鉄道写真」も合わせて公開しちゃいます(なんの記事だ!?)。

 さらには雪国育ちの自動車ジャーナリスト、伊藤梓氏がスタッドレスタイヤで気を付けるべきポイントを徹底解説。超タメになるおすすめスタッドレスタイヤの記事をご覧ください。

文:ベストカー編集部(梅木、塩川)、伊藤梓/写真:横浜ゴム、ベストカー編集部/イラスト:伊藤梓【PR】

【画像ギャラリー】ラッセル車に気動車も!! 冬の「撮り鉄」にはアイスガード7だ

■北海道の厳しい雪道でもおすすめのスタッドレス

冬の北海道の代名詞「ラッセル車」。豪快に雪をかき分ける姿はまさに北の鉄路の守り人。しかしその雄姿をファインダーで捉えるには過酷な冬の道を行く必要がある(撮影:ウメキ)

 実を言うと、クルマと同じくらい鉄道が好きだ。乗り鉄でもあり、撮り鉄でもある。鉄道写真を撮りに行く際はなるべく鉄道を利用して現地に行くのだが、冬場の北海道だと移動の利便性はもちろんのこと、天候の急変に対し、身の安全を確保するという意味でもレンタカーを活用することが多くなる。

 レンタカーを借りるとまず確認するのがタイヤだ。スタッドレスタイヤのトレッド状態の確認はもちろん、製造時期や銘柄の確認も忘れない。どんな性能のタイヤなのか、経年劣化は大丈夫か? などを知っておくためだ。

 走り始めたなら、後続車がいないことや周囲の安全を十分に確認したうえで「強めの加速」、そして「強めのブレーキ」をしてみる。路面の状態と、タイヤのグリップ性能を体感するためだ。これは、路面状況や天候の変化に応じて常にリセットが必要なので、しばしば実施する。もちろん、周囲の安全確認が大前提。

アイスガード7を履いたクルマを借り出して道内を走る。この道は一見ただの舗装路に見えるが実はアイスバーン。アイスガード7なら万が一遭遇しても安心感は高い

 今回は横浜ゴムが今シーズンに向けて渾身のフルモデルチェンジをして送り込んだ『アイスガード7』の新品が装着されているので安心感は高い。見た瞬間に新しさを感じさせる、左右非対称パターンのイン側に刻まれたラグ溝がいかにもスノー路で効きそうだし、新素材の吸水スーパーゲルやマイクロエッジスティックを配合したウルトラ吸水ゴムによる氷上の水膜除去性能の向上で、アイス性能にも期待できる。

 試乗で訪れた2021年2月の旭川周辺の道路は、バラエティに富んでいる。訪れた際は晴天が数日続いていたようで、国道は除雪されてアスファルトが見えている区間もあるが、路肩に寄せられた雪が融け出し路面を濡らしている場所もある。

 日陰になる場所では、夜間の冷え込みで凍結したアイスバーンもある。その一方で、市街地でもわき道に入れば圧雪で、交差点前などはツルツルのミラーバーン。そして、ちょっと山間部へと進めば、いかにも北海道らしい全面圧雪路となる。鉄道写真の撮影ポイントに向かうには、ほぼすべてのコンディションの路面を走ることになる。

キハ183系を正面から捕捉する。往年のディーゼル特急車両にも終焉が近づく。北海道の撮り鉄はまさにロマンなのだ……(撮影:ウメキ)

 そんな中、撮影ポイントに向けて走り出したのだが、圧雪路での制動に不安を感じることはない。ペダルの踏み加減に応じ、確実に減速感が立ち上がり、簡単にグリップを失うことはない。

 操舵に対する反応もよく、深いコーナーに対し多きく打を切りこむような場面でも急にグリップが抜けるようなことはなく、滑り出しの感覚が掴みやすく、接地感がしっかりと伝わってくる。撮影地に向かう最終アプローチの山道も気持ちよく走ることができた。

 途中、国道の交差点前で路面が黒く見える、いわゆるブラックアイスを発見した。最も滑るミラーバーンだ。慎重にブレーキペダルを踏み込んでいくが、想像以上の減速感に安心する。もちろん、“ドン”とブレーキを踏めばABSが盛大に作動するが、ジワリジワリと踏み込んでいけばしっかりとミラーバーンを捉えて減速する。

 のちにテストコースで確認すると、30㎞/hからのフル制動で『アイスガード6』に対して約2.5m手前で止まることができたのだから、その性能がハッキリと体感できたのは当然だったわけ。接地面積を大きくしたいアイス性能と、エッジ成分の増大によるスノー性能の引き上げは、相反する技術的要素のため両立が難しいのだが、アイスガード7は高いレベルでの両立を実現しているのだ。

(文/ベストカー編集部 ウメキ)

雪煙を巻き上げて走るウメキ。安心して走れないと趣味どころではない。北海道はアイスガード7の性能を全方位で求められる

■世界最凶の凍結路面も安心して進める究極のスタッドレス

全国的に数を減らしているキハ40系統。旭川駅では当たり前のように見ることができる。旭川駅がある市街地中心部の走行も実はスタッドレスタイヤの性能を見極めるには重要なポイント(撮影:シオカワ)

 毎回スタッドレスタイヤの試乗会に行くと開発エンジニアに聞くのが「これ以上、進化する余地あるんですか?」という質問。それくらいのレベルまで日本のスタッドレスタイヤは来ちゃっているし、特に今回紹介する横浜ゴムのアイスガード7はまさにそんなタイヤ。

 細かな技術的な進化について興味がある人はぜひ公式サイトを見てほしいが、私が北海道で撮り鉄をしたときに感じた圧倒的な氷上性能を紹介しよう。

 前出したウメキ先輩は筋金入りの鉄道マニアなのだが、私も地味に鉄道が好き。特に好物はカマ(機関車)とディーゼルカーだ。しかし冬の北海道で撮り鉄をするとなると冗談抜きで「生きるか死ぬか」ってハナシになりかねない。撮影地は山奥だし、除雪もままならない場所もある。

撮影地の近くでレンタカーを見ると真っ白な雪化粧。現場は表面に少し雪がのってはいるが、路面はアイスバーンという厄介な道だ。アイスガード7の氷上性能は間違いなく効いている

 幸いなことに冬はヒグマの恐怖がないにしても、普通に旭川周辺の市街地を走っていても首都圏に住んでいる人間には信じられないような路面に遭遇する。じわっと水膜が浮いたアイスバーンなど、教科書でしか見ないようなシーンがあちこちに出てくる。

 特に怖いのはやはりアイスバーン。発進できないのならまだしも「止まらない」ことは一番避けたい。今回は美瑛線の沿線でサンセットを走るキハ150系を撮影したのだが、事前に目星をつけたスポットはシャーベットとアイスバーンの複合路。

 しかしアイスガード7は地面に牙を立てたかのようにガシガシと路面を捉える。もちろん無理は禁物だが北海道では「ヒヤッ」とする路面は突如として現れる。だからこそ究極の性能をもったアイスガード7の安心感はなにものにも代えがたい。

デジタル世代なので写真の加工も好きなシオカワ。けど露出などしっかり計算しないと後からの加工だけではどうにもならないのが楽しい(撮影:シオカワ)

 話は少し逸れるが仕事がら北海道や東北の友人からも「おすすめのスタッドレスなにかない?」という質問を受ける。正直なところ北海道や東北でスタッドレスタイヤの「おすすめ」をするのにも実はかなり気を遣う。迂闊なことを言えば事故になるし、やはり胸をはって薦められる製品でないと。

 それでいえばアイスガードはかつてのアイスガード6の頃からおすすめをしていたのだが、アイスガード7になってそのおすすめ度はワンランクアップしている。

「毎年これだから……」「ディーラーがおすすめするから……」とスタッドレスタイヤを選んでいる人も多いだろう。しかし、2021年の冬はアイスガード7を積極的におすすめしたい。氷点下20℃でアイスガード7を実体験した編集部員の証言でした!!

(文/ベストカーWeb編集部 シオカワ)

日没迫る旭川周辺の市街地。クルマが通った轍がどんどん磨かれ、日没後の気温低下で凍結しアイスバーンへと成長する。世界的に見ても北海道の道路は超凶暴な路面なのだ

次ページは : ■山形育ちの伊藤梓が指南するおすすめスタッドレス選びと雪国の日常