やっぱミニバンユーザーならこれよ!! ファミリーも安心の『トランパス』がウェット性能でも大進化


 トーヨータイヤが長年に渡って販売しているタイヤに「トランパス」がある。ミニバン専用タイヤのパイオニアとして歴史を紡いできたトランパスだが、新製品がデビューするごとに大きな進化を遂げてきた。

 2022年1月に発売予定の最新のトランパス「mp7」はウェット性能についても大幅な進化を遂げているという。ベストカー取材班は自らの手でその真実を知るために茨城県になるJARI城里テストコースへと出かけた。

文:鈴木直也/写真:平野学【PR】


【画像ギャラリー】テストコース全開チェックで判明!! トランパスの真価は全方位的安心感だ(9枚)画像ギャラリー

■26年にわたるミニバン専用タイヤの伝統とプライド

7代目となる最新のトランパスは「mp7」の名称だ

 トーヨータイヤが最初のトランパスを発売したのは1995年のこと。当時はミニバン専用という概念はコロンブスの卵で、「その手があったか!」と感心したものだった。

 考えてみればこれは当たり前の話。普通のセダンとミニバンでは、重心高も違うしロール剛性も違う。大人数乗車を前提としたミニバンでは、荷重の変動も大きい。タイヤに求められる性能は、おのずと異なってくる。

 スポーツカーをドライバー中心のクルマとすれば、ミニバンは家族のクルマ。快適な乗り心地や素直なハンドリングなど、同乗者の快適性を重視した設計が求められる。

トランパスmp7は3本のストレートグルーブが高い排水性を発揮する左右非対称パターンを採用。アウト側の大型高剛性ブロックにより、重心の高いミニバンの特性に合わせ、ふらつきを抑制する

 そのためには、コンパウンドはもちろん、トレッドパターンや内部構造など、タイヤ全般にわたって専用に設計したほうがいいに決まってる。以来四半世紀、トランパスはミニバン専用タイヤの代表選手として市場に浸透し、車種や使用用途にフォーカスしたタイヤ設計という概念も一般化したのだった。

 ミニバン専用タイヤの代名詞ともなったトランパスだが、競争の激しい人気ジャンルでトップブランドの座を守るには不断の進化が欠かせない。そこで、トランパスの最新モデル、7代目となる『トランパスmp7』の実力を試してみようというのが今回のテストの目的だ。

 新しいトランパスmp7の商品コンセプトは、

(1)雨の日での安定性の向上
(2)伝統のロングライフ性能を継承
(3)ふらつきを抑制し、より安定した走行の実現

 この3点が重点項目だ。

 ナノテクノロジーを駆使して開発したスーパーグリップコンパウンド、ブロック剛性を高めたダイナミックテーパー形状のグルーブ、接地圧を均一化して摩擦抵抗とふらつきを低減する内部構造などを、従来モデルに対して重点的に強化してきている。

■走り出した瞬間に感じる“イイモノ”感

ノア・ハイブリッドにトランパスmp7を履いて都内から茨城県方面にロングドライブ。走り出した瞬間に「これは乗り心地がいい!!」と実感した

 テスト車として用意したノア・ハイブリッドに履かせたのは、205/60R16のトランパスmp7、空気圧は指定の240kPaでセットしてある。乗員4名+テスト機材を積み込むと、ちょうど「アウトドアレジャーに向かうファミリー」といった荷重レベル。この状態で、まずは都内の一般路を走り出す。

 どんなタイヤでも、新品に履き替えた直後の走り出しは「しっとりしてイイ感じだねぇ」と感心するものだが、mp7の第一印象は、これまで感じた「新品効果」の中でもトップクラスだ。

 具体的にいうと、コンパウンドがソフトでトレッドラバーが分厚いイメージ。夏タイヤから冬タイヤに換えると乗り心地がソフトに変化するが、経験がある人はアレを思い出すとちょっと似ている。

 転がり出しの最初から路面への当たりがソフトで、道路の目地や段差などからくるショックがじつにイイ感じにダンピングされていて心地よいのだ。ミニバンのサスペンションは基本的に乗り心地重視のセッティングだが、バネはソフトなんだけどブッシュやダンパーのセッティングがイマイチなクルマも少なくない。

 また車検を2回、3回と経てオドメーターの数字が伸びると、経年劣化も気になってくる。そういうミニバンに乗ると、路面の段差越でブルンと嫌な“オツリ”が残ったり、ギャップ越えのショックの大きさにビックリしたりする。

 mp7の重厚でダンピングが効いた乗り心地フィールは、こういう欠点をカバーしてくれる効果が大。家族のためのタイヤチョイスとして、これはmp7の大きな魅力だと思う。

次ページは : ■テストコースで感じた驚くべきウエット性能の安定感!!