最強スタッドレスここに究む!! 横浜ゴムの最新鋭氷盤試験場が凄すぎた


 今季注目のスタッドレスタイヤといえば横浜ゴムのiceGUARD7を思い浮かべる人も多いだろう。雪上性能はもちろんのこと「アイスガード」の製品名が物語るように氷上性能も突き詰めたスタッドレスタイヤだ。

 そんなアイスガードを陰で支えるのが横浜ゴムが誇る北海道の屋内氷盤試験場。実はこの試験場は一定の氷温を保てる日本のタイヤメーカーでは初採用の超ハイテク設備だ。

 今回は最強スタッドレスタイヤを育てる環境を深堀りしていこう!!

文:飯田裕子/写真:横浜ゴム【PR】


■アイスガードが歩んできた道は日本最高峰のタイヤ技術の統合だ

横浜ゴムが誇る最先端設備でアイスガード7は生まれた

 2020年11月から横浜ゴムの冬タイヤ開発がさらに進化。あらゆるタイヤ開発技術の進歩がタイヤそのものの進化に繋がることは想像できるだろう。今回注目したいのはタイヤ試験設備。一つの開発設備が一本のタイヤそのものの洗練と進化に繋がる、実に興味深い体験ができた。

 昨年の冬、横浜ゴムは日本のタイヤメーカーでは初採用となる冷媒装置を屋内氷盤試験場内に導入。新世代のスタッドレスタイヤ「iceGUARD 7(アイスガード セブン)」の性能が向上していることは言うまでもないが、テスト施設の進化によって最終スペックの決定に至る開発の質も速度も高められたという。

 つまり我々ユーザーにとってはより確実に性能が向上した高品質なスタッドレスタイヤを手に入れることができることに繋がっていると言えるだろう。

1985年に「GUADEX(ガーデックス)」という名で登場した横浜ゴムのスタッドレスタイヤは2002年に名称を現在の「iceGURAD」へと変更。この秋に登場した「iceGUARD 7(アイスガード セブン)」がその名の通り同社にとって第7世代となる。

 新世代スタッドレスタイヤは従来の製品に対し氷上の制動性能が14%、雪上制動性能も3%向上。その他の性能においても燃費性能、ウェットやドライ路面での走行性能、静粛性や耐摩耗性能など全方位に効果的に“効く”性能を併せ持つ。

 主な特徴はアイスガード史上最大といわれる接地面積やブロック剛性、そしてエッヂ量の大幅増加。さらに新開発技術にも注目だ。

アイスガード7はまさに横浜ゴムのスタッドレスタイヤ技術の結晶だ

 氷上の水膜を効率よく排水する効果を発揮する“ダブルエッヂマイクログルーブ(グルーブ=タイヤが路面と接触するゴム面に刻まれた溝)”や、タイヤが50%摩耗するとサイプ(タイヤの接地面に刻まれた細かい溝)が太くなるという“クワトロピラミッド グロウインサイプ”がタイヤ摩耗時のエッヂ効果を保ち氷上性能を維持しやすくなった。

 そしてそれらの性能を支えるのが“ウルトラ吸水ゴム”と呼ぶiceGUARD7専用のゴムが新開発されていることだ。このゴムも新マイクロ吸水バルーンや吸水スーパーゲル、氷や雪を噛む効果を発揮するマイクロエッヂスティックetc、使用する原料もその配合技術も進化。新たな配合物や、iceGUARD史上最大という接地面積などもどう活かすかで性能は変わるというもの。だから試験は繰り返される。

■東京ドーム19個分の敷地で繰り広げられるテスト

TTCHにはハンドリング路も備える。ワインディングのような圧雪コースでのテストも実施される

 2021年2月、筆者は旭川にある横浜ゴムの北海道タイヤテストセンター(TTCH)の屋内氷盤試験場を訪れた。ちなみにTTCHは総敷地面積が91万平方メートル、東京ドーム19個分もあるという敷地内に100km/hを超える速度でも高速走行試験が行える周回路をはじめ様々な圧雪、氷盤、ハンドリング路などを完備。

 そんななかでとりわけ目を引くのが屋内氷盤試験場だ。なかに入るとその広さに驚かされる。2020年に新設されたこちらは建築物としてもこだわりが強く、全長119m、全幅24m、室内高(最高部)8.8m、延床面積は2859.6㎡の広さを持つ鉄筋造。特徴的なのが降雪にも耐えうる建物中央部に柱を持たない構造であるということ。

 トラックやバスの試験も行うために全長も長く、乗用車なら併走で3台が走行可能だという。そんな試験場もこれまでは旭川の寒い天候を活かして自然に頼って氷盤をつくり試験をしていたのだが、2020年の11月、テストレーンのひとつにアイススケートリンクで採用されている冷媒装置を設置。氷盤の温度が-10℃~0℃の範囲でコントロールできるようになった。

 雪や雨をしのぐことができる屋内で、さらに氷の温度を調整したテスト、データの取得が可能になったのだ。

左下と右上の写真で、レーンによって路面のツヤに差があるのがわかる。右上は氷温が高く、左下は低い。ひとつの設備で異なるシチュエーションのテストができるのだ

「氷の温度によって制動距離が変わることはわかっていました。そこで温度が変わると制動距離はどう変わるのかという確かなデータを取り、“どの温度領域でも確かな性能を発揮できる”タイヤ開発がしたかった」と横浜ゴムの取締常務執行役員/技術統括である野呂さんは言う。

 氷上の路面温度は低いほど制動距離は短く、0℃付近がもっとも水が浮きやすく滑りやすいという日本の冬道の特徴に注目し、0℃付近でいかに制動性能を発揮できるかを重視したデータの構築にも取り組んだそうだ。

 天候に左右されず狙った温度領域でのタイヤの性能データ取りが可能になったことは“美味しい”性能を探す効率向上にも繋がる。

 屋内氷盤試験場の開設前は屋外でデータを取る際、開発者が屋外の氷盤試験路の横に立って天候の様子や変化も記録しつつ、制動距離が長かったときは、“陽が差してきて水がのっていました”や、短かったときは“曇ってきて風が吹いたので氷の表面はさらさらになった”など記録しながら何度もデータを取り、標準化し整理をしていたそうだ。つまり屋内で試験ができるだけでもデータの質=精度も取得効率も上がったことは明らか。

 さらに、「屋内で氷の温度調整が可能になれば安定したデータ取得の効率アップはもちろん、テストのスタート時期を早めて開発の時間に余裕が持てるようになります」と野呂さん。

次ページは : ■ユーザーが求める氷上性能に応えるために続く最先端の開発