Moduloの真髄を味わい尽くす!! ドリキン登場でマル秘トークも!? ベストカー×Modulo体感試乗会が超贅沢過ぎた【PR】


 ホンダの純正アクセサリーを企画・開発するホンダアクセスは、Moduloのパフォーマンスパーツやしなやかな走りと専用パーツなどを奢ったコンプリートカー「Modulo X」シリーズを数多く輩出。そんなModuloのを真髄を味わい尽くすユーザー体感試乗会を2022年3月21日にモビリティリゾートもてぎで実施したのだ。しかもドリキンこと土屋圭市さんをはじめ、開発メンバーも駆けつけるとあって、大満足のイベントに! ベストカーといえばModulo試乗会とも言えるほど定番になってきたこの試乗会。次に参加するのはあなたです!! 

筆者:ベストカーWEB編集部/写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】ドリキンに直接質問も! Modulo X体験試乗会はファンもよだれモノ(50枚)画像ギャラリー

Modulo X大集合! ドリキンとクルマ談義も

東京オートサロン2022で初お披露目された新型ヴェゼル e:HEV Modulo X Conceptも会場に登場。間近で見られるまたとない機会であった

 Modulo Xは最上級グレードという位置づけで、ステップワゴンやS660、フリードなど、さまざまなモデルに設定されている。コンプリートカーといえばスポーツカーを思い浮かべるだろうが、ミニバンやSUVも手掛けているのだ。というのも高速域でのパフォーマンスのみを狙っているのではなく、街中やワインディングといった公道を気持ちよく走れることを主眼に置いているのだ。

 そういったModuloの真髄に触れてもらうために試乗の機会を設けたというワケ。そして今回の目玉はModulo X各モデルの開発担当者や開発アドバイザーを務めるドリキンこと土屋圭市さんと交流できるとあって、ファンなら垂涎モノの内容であった。普段見る機会が少ないModulo X各モデルに触れられるだけでなく、開発メンバーとも直接話せるとあって、全国からファンが集結したのだ。

 ちなみに抽選で選ばれた計19組の方々は、ほとんどがホンダ車オーナー。駐車場にはS660やステップワゴン、そして往年の4代目プレリュードなど多岐に渡る。そして参加いただいた方は北は秋田県、南は山口県と方々から集結したのだ

試乗して開発者に疑問や感想を直撃! クルマ好き垂涎のイベント

2021年6月にデビューしたフィット e:HEV Modulo Xはホイールの剛性を“あえて”落とし、しなやかな走りを実現。参加者も体感できるほどの仕上がり

 今回、試乗車として用意したのはフィット e:HEV Modulo XとS660 Moduloパーツ装着車だ。フィット e:HEV Modulo Xは、公道での様々な路面環境を再現した特設コースを試乗。Modulo Xのキモである“街中で違いを感じる”ことができるわけだ。普段2代目フィットを愛用している方は「新型フィットの性能もさることながら、Modulo Xはコーナーからの立ち上がりの安定感がスゴい!! 安心して踏み込めました」とのインプレも。

2022年3月で生産終了となるS660にはサスペンションやホイールなどといったModuloパーツを装着したモデルを試乗。今回の試乗会でパーツ購入を決めた人も

 そしてS660に関してはノーマルモデルとModuloパーツ装着車の乗り比べプログラムが用意された。S字スラロームや旋回といったジムカーナのようなコースで、ハンドリングの正確性の違いなどを味わえるというモノ。これからS660の納車を控えているという方は「ノーマルモデルとはクルマの挙動が全然違いました! パーツの購入を真剣に検討します」というコメントが飛び出すほど。

 試乗後に、開発者に気づいた点などを話す時間もあり、どの参加者も活発に質問をしていたのが印象的であった。

次ページは : ドリキンが暴露する開発秘話! 当初ホイール開発は懐疑的だった!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ