フィットe:HEVモデューロX発売!! 待望のスポーツコンプリートカー登場


 現行フィットから、スポーツモデルの1.5RSグレードがラインナップから消え、がっかりしたユーザーもいたことだろう。

 そんなユーザーへ朗報! ホンダの純正アクセサリーメーカーである「ホンダアクセス」が開発し、カスタマイズパーツを量産過程で装着、販売するコンプリートカーブランド、「Modulo X」がフィットに設定されることになったのだ。Modulo Xといえば、S660に設定され、即完売、大きな話題となった。

 6月4日から発売されたこの「フィットe:HEV Modulo X」。はたしてどんなモデルに仕上がっているのか、チェックしていきたい。

文/ベストカーweb編集部
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】待望のフィット・モデューロX見参! 詳細写真をチェック!


待望のスポーツモデルがコンプリートカーとして登場!

 Modulo Xといえば、過去にフリードやステップワゴン、S660などのコンプリートカーをリリースしてきた。

6月4日に発売されたフィットe:HEV Modulo X。価格は286万6600円
専用フロントグリル、専用フロントエアロバンパー
バンパーサイドのエアロフィンは旋回時のタイヤ周辺の乱流を抑制し、旋回性能を向上させている

 ホンダ車を知り尽くした熟練のエンジニア達が「運転することの本当の楽しさ」を一途に追求し、こだわりと時間と情熱をかけて磨き上げた、まさにこだわりのコンプリートカーである。

 Modulo Xをわかりやすくいえば、スポーティなデザインと、上質で気持ちのいい=走りの心地のよさをとことん追求している。

 今回発売されたフィットe:HEV Modulo Xもその考え方を踏襲している。目指したのはModulo Xならではの「気持ちよい」と感じる上質な走り。実行空力デバイスはもちろん、ホイールやダンパーに至るまで、あらゆる試作品を作り、実走による検証を重ねたという。

エアロスロープはバンパー下面をスロープ形状・センターフィン形状にし、車体下中央に速い空気の流れを生み出し、安定感のある走りを実現
エアロボトムフィンはフィン形状を最適化し、ホイールハウス内の風の通りをスムーズ化し内圧を低減。旋回時に上質なステアリングフィールをもたらすという

3つのこだわりポイント

ホンダアクセスがGT500クラスに供給するアルミホイールがデザインのベースとなった専用の16インチアルミホイール

 1/アルミホール、2/ダンパー、3/空力デバイスという3つの要素の合わせ技により、「上質でしなやかな走り」を実現したという。

 まずは1のアルミホイール。スーパーGTのレーシングマシン由来のスポーティな造形で軽量かつしなやかさ”を追求した専用16インチアルミホイールを装着したこと。

 このアルミホイールはホンダアクセスがGT500クラスに供給するホイールがデザインのベースとなっていて、剛性を確保しながらも徹底的に軽量化。通常よりもスポークの根元が深くなっている、コンパクトカーにはあまり見かけない仕上がりだ。

 なんと、スーパーGTのホイール開発担当者がこれまでの経験を活かしてホイールのプロポーションを構築するまでの工程を通常の3倍以上のシミュレーションを行った、という逸品。

 無駄な部分を限界まで削り、ベース車(e:HEV LUXE)から約30%軽量化するとともに、インナーのリムの厚さもミリ単位で調節し、耐久性と剛性を高い次元で両立。

 その甲斐あってコーナリング時にはタイヤの接地感と、スポーティで気持ちのいい操縦性を感じさせるModulo Xらしい上質でスポーティな乗り心地が実現しているという。

専用のダンパーにより、どんな路面でも高いコーナリング性能とロードホールディング性能を実現したという

 次に2のダンパー。スプリングは変更していないものの、ダンパー内の隔壁や穴の径、バルブの形状を変えるとともに油圧を調節。空力デバイス、ホイールとの組み合わせで、どんな路面でも高いコーナリング性能とロードホールディング性能を持たせることで上質な乗り味をもたらせているという。

 3の空力デバイス。ホンダアクセスは開発キーワードとして、日常の速度行でも体感できる空力効果、実効空力を掲げているが、その実効空力を意識した各種エアロパーツが装着されている。

各部空力にこだわって製作されている
フロントマスクはX形状の造形を作ることで空力性能の向上に寄与しながら、スポーティで精悍な表情を作り出している

 フロントマスクは、Xのモチーフを取り入れ、中心から放射状に広がっていくX形状の造形を作ることで、空力性能の向上に寄与しながら、スポーティで精悍な表情を作り出している。

 リア回りには専用のエアロバンパーとテールゲートスポイラーを設定し、走行性能のパフォーマンス向上に寄与している。

 そのほか、ダーククロームメッキエンブレムやブラック塗装でコーディネートしたリアライセンスガーニッシュの装着で、より特別感のあるエクステリアを演出。

バンパーサイドからコーナーにかけて面形状 を設定し、空気の巻き込みを抑え、空気抵抗の低減と旋回性能の向上をもたらす
バンパー下面のディフューザー形状を最適化することで車体下面に流れる空気の流速を上げ、安定した走りを実現
テールゲートスポイラーの長さ、角度の最適化を行い、空気の流れを改善し、ボディ前後のリフトバランスを向上。またサイド面の角度、面積の最適化で直進性、旋回性が向上

次ページは : インテリアもこだわりぬく