新車でお気に入りのCDが聴けない!? ディスプレイオーディオの悩みを解決する凄いガジェット「CDレコ」【PR】


 音楽のサブスクが当たり前になった今、ディスプレイオーディオなるCDなどの物理ディスクに対応していない機器が当たり前になりつつある。もちろん別途オプションでCDプレイヤーを用意している車種もあるが、価格はそう安くはないのだ。

 そしてディスプレイオーディオはスマホやUSBメモリなどがあれば音楽を楽しめるが、昔のお気に入りのCD、あるいはサブスクに対応していないアーティストの楽曲を聴けないというネガも。

 そこでオススメしたいのがアイ・オー・データのCDレコ6だ。じつはこれ、CDをそのままスマホに取り込めるというシロモノ。しかもPC操作が一切不要とかなり簡単!! 今回はCDレコ6の手軽さを証明すべく編集部イチアナログ人間かつ音楽好きな馬場(59)と若手編集部員木村(29)がテストを敢行。結論から言えばCD世代の方はコレ買いです。

文:ベストカーWEB編集部/写真:森山良雄

【画像ギャラリー】諦めていた音楽もCDレコ6があれば解決! 超簡単な手順がコレ(13枚)画像ギャラリー

好きな曲がクルマで聴けない!? 流行りのディスプレイオーディオはネガもあった

CDなどの物理ディスクの再生に対応していない車種が当たり前になりつつある。せっかく買ったのにお気に入りの音楽が聴けないケースも多々あるのだ

 トヨタをはじめ、多くの新型モデルはCDやDVDといったいわゆる物理ディスクの再生に対応していない車種が多い。そう、ディスプレイオーディオが台頭しはじめており、音楽などのコンテンツを再生するにはスマホやUSBメモリといった媒体が必要となるのだ。

 今や日本のスマホ普及率は9割以上とほとんどの人が愛用しているため、大きな問題はないように思える。ところが、だ。スマホで聴く音楽はほとんどが配信サービス、いわゆるサブスクリプションサービスを使用しているユーザーが多く、かつてのようにPCとスマホを繋げなくとも、簡単に楽しめるとあって普及率は右肩上がりといった状況である。

 多くのアーティスト、あるいは楽曲に対応しているが、なかにはサブスクサービスで聴くことのできないコンテンツがあるのも事実。せっかく新車を買ったのに好きな音楽が聴けない! なんてことも多々あるのだった。

ディスプレイオーディオでもCDが聴ける!? 手軽さがハンパなかった

データ転送後のスマホ画面がコレ。アーティスト名はもちろんアルバムやジャケット写真まで表示されるのだ!!

 そこでオススメしたいのが、アイ・オー・データのCDレコ6である。6とあるからにはシリーズ化されており、これは最新モデルという位置づけだ。最大の特徴はCDをスマホに取り込めること、そしてPCを必要としない点にある。AppleミュージックやiTunesなどスマホに保存してある音楽も一緒に専用アプリで一括再生ができ、自分だけのプレイリストを作ることだって可能! iPhoneにもAndroidにも対応しており、スマホユーザー、そして音楽愛好家からしてみれば大注目の機器なのだ。

 そして使い慣れたスマホ画面を車載ディスプレイに映し出せるApple CarplayとAndroid Autoに対応しているために、使い勝手はバツグンこのうえない! というわけで、今回は親子ほど年齢が離れた編集部員2人で実際に使ってみた。

 この話を編集木村から尊敬する大先輩馬場に持ち掛けたときに、マジで? そんな便利なモノがあるの? と興奮気味に答えてくれた。聞けばサブスクで本当に聴きたい音楽がなく、泣く泣く諦めているとか。で、ちなみに先輩馬場は超アナログ人間なため、テスト前に「使いこなせるか不安」と吐露していたが、実際のところどうなんだろうか? ここからはいよいよ試乗レポートならぬ使用レポートをご紹介!

 ちなみに先輩馬場はレッドツェッペリンが聴きたい! と希望。調べると多くの楽曲がサブスク解禁されているものの、一部の限定版などが未だCDでないと楽しめないのだとか。ちなみに木村はサブスクを解禁しないと宣言している山下達郎を選択。果たして簡単にスマホへCDの曲を取り込むことはできるのか!?

次ページは : アナログ人間でも余裕!? CD取り込みは超簡単でしかも速い!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ