静かなだけなADVANじゃない!! サックス奏者も魅了する「柔らかさのなかに芯がある」タイヤとは【PR】

 音楽とドライブ。この相性のよさは多くの人を魅了してやまない。お気に入りのポップスをデートで聴くもよし、ジャズを聴いて都会の喧騒から少し距離を置くもよし、音楽は豊かなカーライフには欠かせないものだ。

 しかしクルマは音楽にはやや厳しい世界でもある。それがノイズだ。エンジンのサウンド、風切り音、そしてタイヤノイズが代表例だ。今回はタイヤノイズを極力抑えて、しかもハンドリングは上質さを感じるタイヤをインプレッションしていこう。

 その名も横浜ゴムの「アドバンdB V552」だ。インプレッションはサックス奏者の小林香織さん。繊細かつ力強い音を奏でるミュージシャンにとって、タイヤノイズはいかに影響するのか。そしてアドバンの血統はどう響くのだろうか。

インプレッション:小林香織(ベストカーWeb編集部まとめ)/写真:大西靖

【画像ギャラリー】美のなかに潜む力強さ・・・サックス奏者 小林香織が感じたアドバンdB V552(13枚)画像ギャラリー

■タイヤからの音に丸みがある

サックスという楽器は時に力強く、そして時に繊細に。プレイヤーの心情もしっかり反映する楽器だ。小林香織さんはサックスとひたすら向き合う

 サックスといえば力強い低音からまるで心の声を奏でるかのような繊細な高音まで、その表現力の幅の広さが大きな特徴の楽器だ。編集担当自身は譜面はおろか、ト音記号すら書けるか怪しいほど音楽には疎い人間だが、楽器の持つ音色には興味がある。

 特にサックスなどの木管楽器は文字通り息を吹き込むことで音が出る楽器で、より奏者の心情やコンディションが演奏に出やすいものだという印象を持っている。

 そんなサックスを奏でるプロ奏者の小林香織さん。現在は松任谷由実さんのツアーに帯同するなど、その実力は日本のみならず海外でも知られているプレイヤーのひとりだ。

 今回アドバンdB(デシベル)に新設定されたSUV用サイズのインプレッションをするとなった時、静音性が大きな特徴ということもあり小林香織さんを起用することになった。さっそく編集部が用意したレクサスRX450hに乗り込み、ステアリングを握る。

「音に丸みがあるんです。不快な音がしっかりとチューニングされている印象を受けますね」

「あっ、音にすごい丸みがある」。

 さすがアーティスト。その感受性が凄い。アドバンdB V552は従来品よりも32%の騒音エネルギー低減を達成している。だてに「dB」を名乗っているわけではないのだ。

 レクサスRXにはマークレビンソンのステレオが装着されているのだが、クルマ自体が持つ圧倒的な静粛性に加えて、路面からのタイヤノイズが御されていることで車内は非常に落ち着いた音場へと変化していく。

「この楽曲懐かしいなぁ。ここのパートはあのスタジオで録ったよね。この音が本当に好き」。

 当日取材に帯同したマネージャーを務める妹さんとの会話も弾む。まったくの無音というわけでは当然ないのだが、タイヤからのノイズもキッチリと計算されていることはすぐに感じ取れる。まさに音に丸みがあるタイヤだ。

次ページは : ■柔らかさのなかに芯がある

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ