え!? こんなにガソリン残るの!!? 「今乗るならPHEV」エクリプスクロスがコスパ最強すぎた!!!【PR】


 三菱 エクリプスクロスPHEV、なかなかに舌を噛みそうな名前であります(笑)。オマケに新型アウトランダーPHEVの登場もあって、少々地味な存在と思われがちなんですけど、実は超実力派の1台なのです。

 ちなみにエクリプスクロスにはガソリンモデルもあるのですが、いま乗るなら断然オススメはPHEV。だって、いまなら補助金や減税などなどメリットもたくさんありますし。

 と、詳しくはこの後お伝えしていくとして、今回はそのエクリプスクロスPHEVで、軽井沢を目指し、ドライブすることにしました。

文/竹岡圭、撮影/奥隅圭之
supported by 三菱自動車


実は世界で三菱だけ! 「急速充電器対応SUV」エクリプスクロスPHEVで軽井沢へ!

東京から約400km。向かった先は軽井沢で60年以上前から天然氷のかき氷を提供し続けた老舗「ちもと総本店 軽井沢本店」

 なぜ軽井沢なのか? 暑い東京を抜け出して涼みたいという欲求と、適度なロングドライブで、その実力を見てみようという探求心でのチョイスなのですが、とはいってもねぇ、目的がないと心弾まないじゃないですか~(笑)。仕方ない、白状しましょう。本当の目的は「軽井沢でしか食べられないかき氷を食べる♪」という欲望でございました! 

 かき氷と言えば夏の風物詩。普段は乳製品大好き、ソフトクリーム派の私ではありますが、やはり真夏はかき氷。というわけで、このかき氷の食レポ等々は、こちらの記事に記しておりますので、是非そちらをチェックしていただけると嬉しいでございます~。思い出すだけで、いますぐ軽井沢に飛んでいきたくなるほど、ホントに美味しかったんだから♪

 というわけで、エクリプスクロスPHEVに話を戻しましょう。このクルマのすごいところ、その壱は「世界で三菱だけ! 急速充電器に対応しているSUVである!!」です。急速充電器に対応している=大きな電力を出し入れできるということ。こちらはさらに、V2H(ヴィークル・トゥ・ホーム)に対応しているんですよね。

◆ランエボXに迫れ!? 「エコだけじゃない」エクリプスクロスPHEV 走りの秘密とは?

 例えば、太陽の出ている昼間にお家の屋根につけたソーラー発電からエクリプスクロスPHEVの電池に電気を貯めておいて、夜はその電気をクルマからお家側に送って使う。そして逆に「深夜電力で充電し、昼間に家側へ電気を送る」という使い方もできる。

 特に後者は電力不足時のピークシフトに貢献できる点でも大きなメリットに! 言わば“走る蓄電池”というわけ。こうなると、すでに単なるクルマじゃありません。

道中、上信越道で急速充電。充電設備は限られるため、あくまでバッテリーEV最優先がマナー。その意味でも空いている時に短時間で80%充電できる点は嬉しい

 続いて、すごいところその弐は「ガソリンを使って発電できる!」です。

 万が一の有事の際など、満充電の状態で一般家庭の最大約1日分、エンジンでの発電も組み合わせれば、(V2H機器を介して)ガソリン満タンで最大約10日分~の電力量が供給可能なのです。10日あればきっと助けがきますし、その間電気がつくだけでも安心感が違いますよね。

 もちろん有事じゃない時は、アウトドアで大活躍。キャンプでお泊りした朝、また火を起こすと後始末が面倒ですよね。こちらは、ラゲッジスペースに設置された、100V AC電源のコンセントから最大1500W出力できるので、家庭用の電気製品がそのまんま使えます。

 トースターや炊飯器、ホットプレートにコーヒーメーカー等々、消費電力の大きい電化製品も使用OK。パパッとお片付けしたら、すぐ遊びに出掛けられるという効率の良さが魅力なのです。てな感じで、なんとなくジャパネット的な雰囲気も出てきましたが、まだまだ続きます(笑)。

次ページは : 知らなかった! SUVらしからぬ驚きの「走り」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ