大人にこそコレを!! エクストレイルオーテックは都会も似合うオトナ仕様だった【PR】

静かなのにパワフル! オトナな見た目と相まって魅力爆発

踏んだ瞬間に思い通りに加速してくれるのはもちろん、速度域が上がっても静粛性はバツグン!!
踏んだ瞬間に思い通りに加速してくれるのはもちろん、速度域が上がっても静粛性はバツグン!!

 そんなエクストレイルオーテックで夜の都会を流してみた。高出力モーターを搭載した第2世代「e-POWER」と発電用として可変圧縮比エンジン「VCターボ」を組み合わせた世界初のパワートレーンは、驚くほど静かでなめらかで力強い。

 これまでの一連のe-POWER搭載車もよかったが、エクストレイルは静粛性とトルク感が段違い。俊敏な発進加速と極めて静かな車内空間が、都会のナイトドライブをより素敵な時間にしてくれること請け合いだ。

 さらには、e-POWER車で初めてブレーキ協調制御を採用したという「e-Pedal Step」は、アクセルペダルだけで車速をコントロールしやすいおかげで、加減速を繰り返す市街地を走るときでもブレーキペダルに踏みかえる頻度が減ってよりラクに運転できるのがありがたい。

 新型エクストレイルでは油圧ブレーキの併用によって、都市部はもちろん、長い下り坂やワインディング、雪道など滑りやすい路面まで、より幅広いシーンで安定して減速できるよう進化していることもお伝えしておこう。

「内装の質感や走りはピカイチの実力。本気で検討したい」と岡本さん
「内装の質感や走りはピカイチの実力。本気で検討したい」と岡本さん

 フットワークの仕上がりも上々だ。瞬発力満点のパワートレーンとともに、刷新された高剛性ボディや足まわりをはじめ、上等な機構を採用したステアリングや日産が誇る最新の電動駆動4輪制御技術なども効いて実現した、応答遅れのない一体感のある走りは、本当に気持ちがよい。

 件の電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」は、滑りやすい路面での走破性やワインディングでのハンドリングにおいてより真価を発揮するものである。

 だが、市街地や高速道路の走行においても、減速時に前後のモーターそれぞれで回生量を調整し、車体の挙動を安定させることで、乗員の頭の前後の揺れを軽減することで快適な乗り心地を提供。高出力モーターがアクセルの踏み込みに素早く応答して伸びのある加速を実現するなどといったメリットをもたらしてくれる。

専用タイヤはハンドリングがお見事! もはや輸入車超え!?

ノーマルモデルとは異なり、こちらは20インチを装着するが、大きさを忘れるほどの乗り心地だった。しかも走りに定評のあるミシュラン プライマシー4との相性はバツグン
ノーマルモデルとは異なり、こちらは20インチを装着するが、大きさを忘れるほどの乗り心地だった。しかも走りに定評のあるミシュラン プライマシー4との相性はバツグン

 その万能な走りに輪をかけて走りの質を高めているのが、プレミアムコンフォートタイヤとして定評のあるミシュランの「PRIMACY4」を標準で履いていることだ。

 大径で低扁平ながら当たりに硬さがなく、しなやかに路面を捉えながらも、意のままに操れるハンドリングを実現しているあたりはさすがというほかない。まさしくオーテックが掲げる“プレミアムスポーティ”として相応しい乗り味である。

 下世話かもしれないが、ぶっちゃけ同じぐらいの価格で手に入る輸入SUVに比べても、エクストレイルオーテックのほうがずっと付加価値が高くて所有する満足感もあるように思えた。

 これほどいろいろな要素を兼ね備えた上に、特別感を持っているクルマというのはそうそうない。コダワリを大きなユーザーにももってこいの、価値ある1台に違いない。

【画像ギャラリー】インスタ映え必至!? エクストレイルAUTECHは都会似合にすぎっ!!(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ