国産唯一の大型HEVトラック!! 日野プロフィア ハイブリッドに非常時で活躍する外部給電機能がついた!

先進安全性をさらに充実

サイト・アラウンドモニター・システムの性能向上では、左右ヘッドライト下に装着される広角ミリ波レーダーのフェーズドアレイ・アンテナも変更されている
サイト・アラウンドモニター・システムの性能向上では、左右ヘッドライト下に装着される広角ミリ波レーダーのフェーズドアレイ・アンテナも変更されている

 2023年型プロフィア ハイブリッドでは、今年4月の純ディーゼル(A09Cエンジン搭載)車の一部改良に準じた、先進ドライバー支援システム(ADAS)の機能向上が行なわれている。

 衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティーシステム」(PCS)は、ミリ波レーダーおよび画像センサーの検知性能を向上、昼夜間における歩行者・自転車運転者検知機能が付いた衝突回避支援タイプへとアップデートした。また、左右フロントの広角ミリ波レーダーを用いた左右前方監視装置「サイトアラウンドモニターシステム」(SAMS)も検知性能を向上している。

 新機能として車線逸脱抑制装置「レーンキーピングアシスト」(LKA)を新たに標準装備した。これは、車速60km/h以上・曲線半径250m(R=250m)以上での走行時、タイヤが車線から約0.3m以上オーバーしそうな状況を検知すると警報を発するとともに、電動アシスト機能付き油圧パワーステアリングによって、進路が車線内に収まるよう自動補正するものである。従来は、警報のみのLDWSだったため、大幅な機能向上といえる。

 このLKAには、高速道路などで車線維持をサポートする「LTA(レーントレーシングアシスト)」も応用機能として実装されており、運転疲労の軽減が期待できる。

 もう一つ新たに標準装備となる機能が「ドライバー異常時対応システム」(EDSS)だ。車速15~60km/h未満で走行中に、ドライバーの異常(意識喪失など)を検出した場合、クラクション鳴動とブレーキランプ、ハザードランプ点滅で周囲に異常発生を発信しながら自動ブレーキで徐々に減速、車線内で自動停車させる機能である。ドライバーが意識を回復した場合の機能キャンセル操作も可能である。

 このほか、オートヘッドランプの自動点灯要件を、周囲の明るさ1000ルクス未満(従来は50ルクス未満)とし、国連協定規則UN-R48に適合する要件とした。
 
 なお、カタログなどへの表記がスタートした2025年度重量車燃費値は、プロフィア ハイブリッドに設定される2車型(FR・3軸6×2駆動車とFW・4軸低床8×4駆動車)ともにリッター4.37kmで、基準値(リッター4.42km)にわずかながら届かない。ただ、純ディーゼル車比では1割ほど良好な数値となり、HEV化の効果自体は大きいことがわかる。

【画像ギャラリー】見た目は普通の日野プロフィア ハイブリッド、中身はとてもスゴイのです! (7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!